2017年の手帳で夢は叶うのか?

このブログで頻繁に検索にかかっている記事はこちら

手帳が使えるようになった私の3つの方法

毎年、手帳を付けたいと思う人と、手帳に挫折する人がいるってことですよね。

 

手帳はかれこれ数年、銀座のITOYAで気に入ったものを選んで買っていました。

長らく使ったのがエグゼクティブノート。

2016年は黄色い子。

 

今年は今までと全然思考を変えて、

この黒い子にしました。。。

見た目じゃ無くて、理論で買いました。しかも福山で購入。

 

本田健さんの「未来を開く手帳2017」ってやつです(笑)

名言みたいなのがいっぱい書いてあって

毎日活字読んでるので、私にはぴったりかと。

これで未来が切り開けるのかな?

2016年手帳で夢は叶ったのか?

結構手帳で夢が叶う話題は多いですよね。

私もいーっぱい、去年の末に夢を書いておきました。

その結果、、、、

 

ほとんど叶ってない!!!!

 

まぁ、当たり前といえばそうかなと。。。

そもそも引き寄せは、だいたい潜在意識に落としたものしかかなわないところがあります。

意気揚々と、いつもの生活繰り返してても、そんな簡単に叶ったりしないですね。

 

でも待って!!!

私の場合、だいぶ数年前の手帳にさかのぼると、わりと叶ってるものもありました。

それが、家の近くに事務所を作るとか、ネットショップの目標売り上げとか。

今すぐ叶わなくても、こうして叶ってるものもあるので、書かないよりは書いたほうがいいよね。

 

スマホ脳は危険なんだって、だから手帳。

最近よく聞く、スマホ脳。

脳が退化するとも言われています。

それってどういう事かと言うと、こういうこと

 

問題があればすぐにスマホでググる。

↓↓↓↓↓↓

一瞬で答えが出てくる。

↓↓↓↓↓↓

自分で考えないから忘れる。(脳を使わない)

 

↑らしいですわ。

書けばある程度脳を使うし、アナログでまた探したり見たりするのだから、手や目をたくさん使います。

ボケ防止にいいんじゃないかな(笑)

 

img_4254

私の場合、長年、自分が行った美術館のチケットなどは

こうやって保存しています。

ちょっとしたアルバム代わりにもなるよね。

 

私が圧倒的に手帳はなのは尊敬するメンターのおかげ

手帳を書きはじめた最初のきっかけは、やっぱり尊敬する人が手帳を使ってる事にありました。

胸ポケットに入った、真っ黒な手帳。

ペンは黒一色。

予定が終わったらグジャグジャグジャと消して、ページが真っ黒になっていく。

その年が終わったら、何が書いてあったかさえわからなくなる手帳。。。

 

「ああ、この人は、自分なりの使いやすい方法で使ってるんだ!」

と感じました。だから、自分なりに使いやすい方法を考えて、手帳は使っていますが、、、

結局、簡単に単色で、その日の気分で書いてしまいます。

 

ほぼ内勤クリエイターは、あまり予定が入る事はないんですよね。

でもこれがないと、なぜか仕事がうまくいきません。。。

してやられてます。

 

今年も夢を描く

今年一年は、東京講座を考えることに半年くらい集中していました。

期限は1年と決めていたので、来年からどうしようかなぁ。。。って感じです。

夢を考える時、ゴール1年後だと、ここで終了してしまう現実。。。。

私、きっとなんか間違えましたね。夢は最後まで描かなくちゃダメってことかな。

 

仕事は仕事で考えつつ、人生設計をもう少し詳細に考えてみたいです。

私の2016年の初頭は「仕事の年」で「恋愛しない!」だったんだけどなぁ。。。

いろいろ思いついた瞬間に何かが変わって行きました(笑)

ちゃんと人生設計してないからだと思います(苦笑)

 

来年はもっとたくさん夢が叶いますように。

そう言い聞かせ、新しい手帳今年もスタートです。

ABOUTこの記事をかいた人

広島県福山市
株式会社MUDORA run party 代表兼デザイナー。
マーケティング系理論、仕組みを作るのが得意。

13年のWEB経験を元に成果が上がるWEBデザインネタを書いています。
Twitterなどのフォローお願いします!コメント必ず入れてください!