最近のホームページの横幅は?世界基準に合わせてみよう

WEBデザイナーの皆様こんにちわ。

今日はホームページの横幅について書いてみようと思います。

 

みなさん、WEBサイトを設計するとき、横幅って何ピクセルぐらいにしていますか?

グリッドシステムを使って、960pxにしてる人は多いと思うのですが、もうグリッドっていう概念が、最近少ないような気がします。

グリッドを使えば確かに楽、、、だけど、例えば、サイドバーをつけた2カラムにしたときの違和感は否めない、、、みたいな感じ。

ということで、私ももう、グリッドの観念は捨てるようにしています。

最近1カラムばっかりですしね。

 

最近のWEBサイトの横幅は?

実は、最近のWEBサイトの傾向でいくと、横幅は1050px以上が圧倒的です。

それどころか、横幅という概念がないサイトも増えました。

こんな感じです。↓クリック

SUPERIOR LIGHTING DESIGN AND SUSTAINABILITY Zumtobel

 

横幅の概念がないサイトっていうのは、以前から、これからはそういう時代だと誰かが言ってました。

レスポンシブっていう考え方だとそうなりますよね。ブラウザサイズに自動的に合わせる感じになるので、気にする必要がないのだとか。

昔は解像度に合わせるのが主流ですが、今や、大きなブラウザに合わせる方が主流なんですよね。

 

ここのページもそんな感じ。最大幅は1500px位まで行きます。↓↓クリック

朝日酒造株式会社 新潟の日本酒蔵元

 

レスポンシブ対応の場合の横幅サイズは

レスポンシブであっても、横幅が確定してた方が、いろいろ考えなくて良いので、横幅をいろいろ調べてみました。

 

ECサイト

よく使うECとして、ECキューブがありますので、そのテンプレートのサイズを測ってみました。

こちらのサイズが1118pxでした。

EC CUBE3 DEMO SHOP TOPページ

ECサイトは、今、1100〜1200pxが多い気がします。

 

WordPress

世界基準で考えると、ワードプレスのテンプレートを参考にしたら早いと思います。

こちらの標準WordPressのテンプレート「Twenty Sixteen」の横サイズは

1335pxでした。

Twenty Sixteen – The WordPress Default Theme for 2016

 

Karunaというテンプレート(無料)のサイズは

約1250px

Karuna – Call us 555 555 YOGA

 

Livreというこのテンプレート(無料)のサイズは

約1278px

Libre – A theme for free spirits

いずれにしても、以前のホームページから比べると、

少し大きめサイズのような気がします。

もちろん、これらのサイトは、レスポンシブを基準に設定されています。

 

レスポンシブではないサイト

今まで通りの概念で良いのではないでしょうか?

結局のところ、PCでみるか、スマホで見るか?の差が大きく、

PCとタブレットを供用にするなら、あまり幅は広くない方が良いですよね。

そうなると、1000px以下のサイトが見易いと考えられます。

 

結論

私の勝手な結論ですが、

ECサイトにおいては、レスポンシブで、1100〜1200px位が作りやすいと考えました。

WEBサイトについては、その時のデザインで考えますが、やはり1100px以上で作るのが、世界的に見ると好ましいと考えます。

 

まだグリットシステムを使ってる方は、この機会に少し見直しましょう。

使わない方が、いろんな面で惑わされず済みますからね。。。

 

この記事のあと、これ書いてます。

↓こちらの記事も参考にしてください。

ものが売れやすいサイトの横幅サイズは?

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社MUDORA run party 代表兼デザイナー。 各種ネットショップを持ち、ネットショップの売り方の研究をしています。ネットショップ系の講師やコンサルとしても活動中。