MBPのハードが壊れた時の症状を覚え書き

スポンサーリンク
パソコン関連
スポンサーリンク

まだ最近買ったと思ってたMac Book Proが、ここ最近ずっとおかしかったので、なんども修復ツールから、修復したりという作業を繰り返していました。そしたら、修復ツールが最後までいかない症状が!結局ハードの交換をきょうしました。

パソコンの調子が悪くなってから、修復ツールを何度か使っていたら、5月中に大ヘマしてしまい、お客様の写真撮影データーを全削除してしまい、大変申し訳なかった><

 

パソコンのハード交換にあたって、

そういえば、このMBPいつ買ったんだろう?って前回のブログをあさってみたら

2011年の4月でした。

◆参考ページ

 

2年ちょっとでハードがイカれるとか、結構辛い話ですが・・・・、

部品は中国のものだろうし・・・消耗品だし、こんなものでしょう〜。

 

さて、私のハードの壊れる前の現象をかきとめて置きます。

ちなみにMBP2010年15インチモデルです。

・それぞれのソフトがよく終了できない。または固まることが多くなった。

・よく耳をすますと、中から「グーグー」っていうイビキのような音がする(大きい音ではない)

・容量が半分あいてるのに、異常に重く感じる。

・特に、GoogleChromeが重い

・なんにもしてないのに、さっきまでサクサク動いてたのに、急にどこを押してもパラソルが回った状態になる。

・りんごのマークから画面がすすまなくなるので、修復を何度か試みる。

・末期になると!?修復ツールのところに、カタログレコード・・・っていう赤字がすごく続く!

・一回OSからインストールしなおして、1〜2日くらいサクサク動いてるのに、また同じ症状に戻る。

 

 

よく考えると、3ヶ月以上、なんかおかしい・・・って思う状態が続いていました。

でも、まだハードが壊れるには早い!って思っちゃうんですよね、心の中では。

 

で、仕事もあるし、どうやってハードを変えようか悩んだんですよね。

Macに送って修理なんて・・・何日かかることか!

まず、自分で変えることを検討したんですが、ネットなどで調べて、ネットで買って、最短3日?

でも、間違って買ったらどうしよう><って

結局、異業種交流会で知り合った、パソコン屋さん(電気屋さん)が居ることを思い出して、連絡して持っていったら、2時間くらいですぐにハード取り替えてくれました(汗)

タイムマシーンからデーター復旧して・・・3.5時間。

 

かかった費用

ハードの代金(1TB)9800円

修理手数料5000円

計 14800円

 

思ったより、ずっと安く済みました。

やっぱり、もちはもち屋ですね〜。

本当に、修理してくださった方に、感謝しました〜。

これがないと仕事にならないので。

 

電化製品って、賞味期限みたいなものは存在しないんですよね。

壊れるときは壊れる!

詳しい人に相談するなどの、早めの対応が必要だと思いました。

 

今日からまた、お仕事モード全開です!

 

タイトルとURLをコピーしました