心理が変わったら、好きな色が変わった話

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日は瑠璃色が気になります。

瑠璃色とは一般に紫色を帯びた濃い青色です。

瑠璃とはラピスラズリという天然石の別名。

 

この天然石は顔料に使われ、ラピスラズリはもちろんマラカイト(孔雀石)、アズライト

などの顔料になる天然石あります。

ある日、フェルメール展へ行き「真珠の耳飾の少女」を見たときには、そのラピスラズリから作られた青が気になってしかたなかった。↓↓↓

 

自分が持っているラピスラズリ割ってみようかと思ったくらい。
134656955066413110987

深い色にはいつも魅了されますね。

 

スポンサーリンク

心理が変わったら、好きな色が変わった話

最近、私の人生で革命的なことが起こりました。

自分の身近にある色は、その時の、自分を表す色だと思います。

 

私の場合、ある日突然・・・・

黒い服が着れなくなって・・・・

黒い服を見るのもイヤになって、黒い服をほとんど捨てることがありました。

 

 

とにかく明るい色や、黄色・ピンクの服を手当たり次第買いました。

 

売ってる服や他人が来ている服でさえ黒い服を見るのがイヤになりました。

去年の春、1ヶ月くらいの間のできごとです。

 

 

 

これは、私の心境の変化によるもので、人生の中で自分の性格や内面的な変化があると好きな色や考え方まで変わることが顕著に現れてしまったことからだと思います。

 

 

つまり、私の性格は去年の春、一変して、明るくポジティブになりました(苦笑)

 

 

心が明る苦なると、その時、必要な色を欲するということ。

そういう事を身をもって知りました。

 

そして、黄色は幸せを感じる色だと、とても実感しました。

 

 

ホームページの色からも、他人が受ける印象は変わってきますね。

それと同じように、人を見れば、その人の内面までわかるということかもしれないですね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました