ネットショップのブランド作りとは?

経営

2008年、私がネットショップをオープンする前に、私がこだわった事のひとつに、パッケージ作りがありました。

まだ何も販売したことがない、ど素人の私が、ただただ、売るということでこだわった事の一つです。

そう、私は、最初からブランド作りにこだわっていました。

 

最初にパッケージのお手本はティファニーでした!ネットショップで購入し、そしてそのパッケージに感動し、真似しました。

結果、ひとつの商品に、500円以上のパッケージが付くことになりました(苦笑)

今は、だいぶ落ち着いて、ジュエリー箱や梱包費用は200円以内に収まっています。

天然石屋さんで、こんだけこだわってるのは、すごく少数派だと思います。

とにかく最初にすごくお金を使ったことは覚えています。

 

これは結果、やっぱり成功だったと思います。

レビューには、軒並み「開けてビックリ」のお喜びの声が連なりましたし、

「心使いを感じる」との声を沢山頂きました。

 

うちでは、パッケージの他、お手紙やショップカード、チラシ等、複数のオフセット印刷物があります。

写真は最近できた、乳歯ケースようのギフトラッピングです。(公開まだ)

ギフトの包装は結構需要があり、大切です。やっぱり100均並は許されません><

しかし、一番ブランド化につながったのは、やっぱり「人」の存在でした。

「人」を感じられるショップが出来たのは、レビューのおかげかもしれませんが、

スタッフのおかげでもあります。

 

毎日のように、お問い合わせや、お手紙にようなメールが届きます。

はっきりいって、梱包作業や制作より時間や気遣い、手間のかかる仕事です。

オーダーメイドもかなり多い。

しかし、スタッフが気兼ねなく親身に対応してくれています。

そのため、よいレビューやリピートに繋がっています。

私はとっても恵まれていますね^^

 

ああ、ブランドって、外見の問題じゃないんだな〜と、この頃よく思います。

外側をつくろったって、結局、人と人ですからね。

これは売れてから出来た副産物ですが。

 

ブランドはやっぱり最初っから作っておくと楽です!

ショップに合わせて作る必要がありますが、まずは売れている類似サイトで通販をし、それを真似する必要は高いと思います。

自社のロゴをちゃんと作っていれば、後々それも役に立つし、販売物によっては買った時に中に入っているものがいろいろあったりします。

サンプルやおまけ、チラシにお手紙。安いから売れてる!だけじゃないサイトって沢山あります!

 

ブランドっていうのは「付加価値」です。

購入しました、納品書が入ってました。それで終わり・・・は誰でもできますが、今は昔とは違い、リアルを求めています。

「店頭で買ってきた。良い対応を受けた。気持よかった」

それくらいの気持ちをお客様は求めています。

それがちゃんと出来ているサイトも多いですので、是非、販売サイトを作る際には参考にしてくださいね。

 

ブランド化はプロが丹精込めて作るものじゃありません。

自社の想いですから、最初は綺麗じゃなくても良いんです。

出来ることからやりましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました