ホームページで真実を見せなくていい写真の話

今日、とあるホームページを見ていた時に、「痛いなーこの写真!」というのがありました。

そういう写真、あなたも自分のスマホの中にないですか?

そう、人物写真です。

 

写真は、角度や撮り方で全然変わるし、アプリを使えばいくらでも姿形が変わる世の中です。

特に女性の写真は、原型をとどめないほど違っている場合も少なくはありません。

異常なほど目が大きい写真。それでも、SNSにおいて、その部分い言及する人たちはいません。

 

最近、「浜崎あゆみさんのインスタで写真の加工についての指摘」の話題がありますが、「公認の加工」とでも言うべきか、みなさんその辺寛容だなぁという印象で、逆にその技術の下手くそさを指摘されていたりします。

どんなホームページもドラマもアイドルも、そうなのですが、広告活動というのは「お客様に夢を見させるのが仕事」であったりします。居もしないアイドルを従業員に見立てて宣伝を流すように、ホームページで人物写真の真実を見せる必要はそんなにないわけです。

 

全てのホームページで人物写真を加工する私

ほとんどの人は、自分の写真にコンプレックスを持っています。

間違いなくほとんどの人です。

 

男性はそんなことを気にしていないのかな?と思っていましたが、やはり、自分の好きな写真の角度があると言う話を聞きました。

 

ホームページを作る時、よく女性方から聞く話では、「肌の修正お願いします」とか「しわ消しといて!」という話です。

わかりましたーと当たり前のように、それ以上に綺麗にするよう心がけているのですが、、、

こういうのを気にしているのは、本人だけで、実際誰も、ホームページの人物が加工されていることに疑問を持って質問してくる人はいません。

つまり真実の自分の写真なんか必要ないんです。

ホームページでは人物写真綺麗で当たり前!なんです。

 

カメラマンの写真をそのまま使わなくていい!

カメラマンさんにはいろんなタイプの人がいるなと最近よく思います。

ブツ撮りが得意な人。雰囲気写真が得意な人。自然と笑わせる力を持っている人。

でも、「この写真はちょっとー」なんて写真はよくあります。

 

例えば、女性の写真、少し上から撮った方が可愛く撮れます。

まっすぐ撮ると、凹凸が少なく、のぺっとした感じになりますが若干上から撮ると、顔が小さく目が大きく撮影できるんですよね。

女性はこの差をよく知っているので、自撮り写真ではカメラをわざと上に持って来て撮ることが多いと感じています。

 

と言うことは、少しくらい目を大きくしたところで、誰も気がつかないし、角度によっては、顔もほっそり見えるし。

自撮り写真

ちょっとくらい加工しても問題はないと思います。

また、シワや肌質変えたくらいで誰も気にしませんって。

私も相当、肌が悪いので、ドアップなんて使いませんし。。。ニキビもニキビ跡も消しますから(笑)

 

こうしてPhotoshopの機能を使って綺麗にしても誰も怒らないわけです。

(怒られる筋合いもない)

 

ホームページで自分の嫌な写真にお困りのあなた

写真なんて、取り替えてしまいましょう。

自撮り写真でもなんでもいいから、自分が好きな写真に変えましょう。

そして、お客様には夢を見させましょう。

そうすることで、お客様が少し増えたりするかもしれませんよ!

そういう時代なんです!気にしなくて良いんです!

ABOUTこの記事をかいた人

広島県福山市
株式会社MUDORA run party 代表兼デザイナー。
マーケティング系理論、仕組みを作るのが得意。

13年のWEB経験を元に成果が上がるWEBデザインネタを書いています。
Twitterなどのフォローお願いします!コメント必ず入れてください!