クリエイター 受注にしがみつかない生き方

最近、見積もりを提出させていただくことが増えました。

お客様となる方はだいたい、約2社くらいはお見積もりをとっておられます。

先日も

「他の会社は保守料金が、、、」

という交渉をされたのですが、それに対しては、値下げをすると、弊社のサポートの質が落ちてしまうのでお断りをしました。

 

料金だけで会社を選ばれるなら、たぶんうちを選ぶ必要はないのだと思っています。

「自分に必要なものだけが残る」

と肝に命じながら、簡単に値段を下げるような営業はしていません。

 

もう一つ、

口が悪すぎるかたや、いまいち好きになれない人からの案件はお断りしています。

ウェブの付き合いも相性がありますからね。

弊社は少人数でお客様との付き合いを大切にしながら、制作をしています。

最終的に、良いパートナーだけになる。そう言う循環を作っています。

 

そんなこと言って、仕事大丈夫なの?

って感じですが、、、

わがままに生きてた方がうまくいく

12年も仕事していたら、こういう考えになってきました。

自分が楽しくしながら、人も巻き込む。そのほうがいろいろうまく行きます。

 

案件にはしがみつかない。

しがみつくのは、自分の気持ちだけでいい。

 

毎日、「仕事楽しいなー」「お客様やスタッフに感謝だなー」

と思っていたら、その感謝が循環するようになんとかなって行きます。

自然の摂理とも言いましょうか?

 

仕事が楽しくなると、どんどん気持ちが豊かになっていくのがわかります。

なので、私はいつもストレスフリー。

リラックス命です。

 

仕事の対価がお金になるのではなく、思考が物質化(お金)になるのだと思っています。

よいエネルギーを持って、仕事をして行きたいですね。

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社MUDORA run party 代表兼デザイナー。 各種ネットショップを持ち、ネットショップの売り方の研究をしています。ネットショップ系の講師やコンサルとしても活動中。