顧客を教育することで収益は上がる?

実稼働時間が短いデザイナー村上です。

いえ、今までやってきた時間をトータルで見るとすごく長いです。長すぎます。

 

売上はあるのに、古い体制でやってきたまま、時間ばかりかかっている会社が結構あるんだなと、最近よく気がつくことがあります。

古き良きという言葉はありますが、その時間、本当に必要?かを考えたほうが良いのではないでしょうか?

 

例えば、私たちのような小規模なWEBの会社。

私が絶必要ないと考えているのが朝礼です。

だって、私朝ほとんど会社にいませんもの。必要なことは、チャットツールでやること確認すれば良いと考えています。

また、自社で試して必要なかったのが日報。

お互いの仕事の時間を削って、毎日同じことしか書いていない無駄なものでした。

自分が出張でいない時だけ書いてもらっています。

 

似たようなことで、時間コストを無駄にしている会社は多いのではないでしょうか?

時間の削減は必要です。

 

(自社)お客様に変えてもらうことで圧倒的に楽になる

自社のお客様とメールすることがほとんどなくなりました。

自社のお客様には、仕事がはじまるといつもチャットワークの導入をお願いしているからです。

 

以前はメール連絡、だったのですが、これだと構築スタッフにお願いする時二度手間。

チャットワークで連絡することにより、私が中間に入る手間が減ったことで自分の仕事も削減し、いろんなところで時間が短縮されました。

 

(他社)昔ながらの製造工場が変えたこと

弊社のお客様でもある会社は、昔ながらの製造工場でした。

昔ながらの製造工場だと、発注があると製造し、納品後料金を頂くというシステム。

俗に言う後払いです。

しかし、これには「支払われないかもしれない」というリスクと、後請求の管理があり時間をとってしまいます。

そのおかげで、数年さかのぼって未払いのお客様が多発。

煩わしい手続きなどが問題となっていました。

 

恐れながらも「前払い」での対応にしたところ、問題は解決。

普通の人がみれば、普通のこと。

しかし、それを習慣にしている人にとって、変えるということは勇気がいることなのですよね。

 

自社に合わせてもらうやり方(お客様を教育する)はお客様にとって悪いことではありません。

自分たちもお客様もすっきりできる方法だと思います。

 

ペーパーレス化が叫ばれる時代だからこそできる

自社はペーパーレス化に2007年から取り組んでいます。

請求書もほとんどはメールで発送。

もちろん顧客台帳も案件管理もクラウド化。

FaxもWEBです。

書類もPDF管理。

ただそれってうちだけがやってることじゃなくて、みんなやってること。

 

ペーパーレスを考えると時間が短縮されます。

納品書って本当にいるのかな?

最近のネットショップは納品書がないところがほとんどです。

管理画面にいけば見れるしゴミの元だから。

おかげで、スマホがあると、どこにいても仕事ができます(泣)

 

「お客様がお客様が」と言われる方もいるのですが、毎回チャットワークをお願いしする時、みなさま快く受け入れてくれます。

そういう時代なんですねー。

 

時間はお金

最近は便利になって、ハンズフリーで電話できるので、だいたい移動中にメールや電話をします。

世の中変わってきたよなーという感じです。

そういう変化に適応できなければ、この先は生きていけないのかもしれません。

 

自分は変わるけど、環境が変わらないという人もいるけど、ちょっとの工夫で変わるはずです。

 

ぜひ、自社を変えて、お客様までも巻き込んでみてください。

思わぬ拾いものがあるかもしれませんよ!