ある日の店長レッスン

 

コンサルティングを受けてるお客様が、Photoshopの講習にこられました。

Photoshopって言ってもエレメンツだから、私にとっては少し難しいんですよね。パソコンにもPhotoshop入れなきゃいけないかな〜。

店長さんのやる気に感謝です。

そんな店長コンサルティングでお伝えすることを少し書いてみます。

 

今日のお客様はタイセイオンライン

 

できないことはやらないと決めること

優秀な店長さんは何でもかんでも、自分でやろうとします。

そしてとっても完璧を目指しています。

 

ところが、完璧を求めれば求めるほど、「できない理由」を増やしています。

こういう時は、自分ができる方法を自分が一番簡単な方法で探す!が一番です。

 

現状、パワーポイントでカタログを作り、Photoshopでバナーを作る店長さんは、そのままの方法で、他のことも行ってください。

新たに、プロ版のPhotoshopを使うとか、イラストレーターを使わなくても、それで間に合ってるところに、新たな課題を入れることにより、作業効率を落とします。

 

いいんです。一番簡単にできることが、一番最強なんです!

 

ホームページのHTMLが書けない、ホームページを更新できない問題

IMG_2704

トップページの更新ができないとおっしゃる店長さんは多いもの。

しかし、今回の店長さんはPhotoshopが使えます。

画像は加工できるんです。

ということは、、、、私と一緒です。

 

私は、HTMLを基本的に打たないWEBデザイナー。

デザイナーは自分がデザインして、指示さえできれば、大半のことができてしまうのです。私もここ10年それです。

ということで、更新したい箇所のデザイン制作をして、それをコーダーに横流しすると、とても単価が安く効率良い指示ができるようになります。

 

店長の仕事は経営と一緒。決めることです。

自分で決めて動けることはとっても大切ですよね。

 

店長写真を撮る、写真好きになる

ホームページって、どっちかっていうと、写真情報でほとんどできていますよね。

ネットショップは特に。

 

そこに、店長の写真があるだけで、どれだけ違うか?

っていうお話をしました。

 

この商品はこの人から買いたい!って思えるお店つくりをする戦略を立てました。

まだうまく行くかはわかりませんが、とにかく、今回は店長写真を撮影しましたよ。

 

ブログの記事を書くとき、「この人から買いたい」って思える記事作りは大切です!ブログの記事作りでは、特に、書くことがわからない店長さんは売ってしまうんですよね。うちも現状はそうです(店長にお任せしてます)

今後は売らない、記事をつくらないとね。

 

また、写真を撮るだけで、ほとんどの商品ページはできてしまいます。

情報は後回しでいいから、写真を撮影して商品ページを作る作業も大切です。

 

店長のマインドを改善して、売上につなげる

今のコンサルティングは店長ケアを行ってる最中です。

心が否定的になると売れないので、肯定的になって販売しないとね。

売り方や売るものも大切だけど、店長のマインドの改善も必要。

「わからない」が「わかる」ようになるだけで、改善につながることが多いです。

 

売れる気持ちがないと売れない。

本当にこの言葉につきます。

やる気を持って、売上の改善はしていきましょうね!

ABOUTこの記事をかいた人

広島県福山市
株式会社MUDORA run party 代表兼デザイナー。
マーケティング系理論、仕組みを作るのが得意。

13年のWEB経験を元に成果が上がるWEBデザインネタを書いています。
Twitterなどのフォローお願いします!コメント必ず入れてください!