男性脳、女性脳でモノを売る

スポンサーリンク
スポンサーリンク

最近心理学系の本は馬鹿売れで、なるほどなーってものを、誰もが1冊2冊は読んだことがあると思います。

私もかなり読んでいます。

『経済は感情で動く』

『ザ・コピーライティング』

『おもしろくてよくわかる社会心理学』

などなど・・・きりが無く。

最近、その心理学に男性と女性で変化があることに気がつきました。

たとえば、

女性は『衝動買い』という心理的欲求がありますが、理論脳の男性には、ほとんどそんな事はありません。

何が問題が起こったとき、多くの女性は『話すこと』により、問題解決に結び付けようとしますが、男性はまず問題解決のための行動をおこそうとするそうです。

こういう本を読んでいると、男性と女性が全く感動する場所が違う事に気がついて・・・

ネットショップでもとても参考になります。

理論的に考えてみると、

女性向けにモノを売るときは、女性店長のほうが売れ安い。

男性向けにモノを売るときは、男性店長のほうが売れ安い。

ということになります。

モノを買うとき何をされたら、自分が感動するかよくわかるのですから・・・。

 

 

私の知る限りでは、男性店員は、お客様に向かって、よく品質などのウンチクを延々と語っているものです。

男性は品質価値にとても弱いということが伺えます。いいもの=価値のあるもの・・・のようです。

 

女性店員のほとんどは、お客様に向かって、その商品がどれだけ、そのお客様に似合っていて、

どれだけ、それを身につけたお客様が素敵か?他につかいまわしができるか?を延々に語っている事が多いです。

そして、話している途中に世間話にうつって、彼氏や旦那の話しになって・・・。

女性は自分に似合うものが好きです。そう感じられるもの、そして、店員さんに情をもらってしまって申し訳ない・・・とおもえたとき、

ものを買う傾向にあります。

 

ネットショップで、誰でも彼でも、手紙を書く人もいるそうですが・・・。

男性のお客様には無意味かもしれませんね。

モノが売れないなと思ったら、お客様の立場にたって考える努力はもちろん必要ですが・・・

男性脳、女性脳の研究もいかがでしょうか?

おすすめはジョン・グレイ博士シリーズです。

ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた

ルールズ も有名どころですよ♪

タイトルとURLをコピーしました