自分が好きなこと、確信が持てることに従って生きてみる。

スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク

4月9日で9周年となりました。

実はここ数年、目標を失ってる感があり(目指してる自分、未来がわからない)

その辺でいろいろ打撃を受けつつあります。

2〜3年前ピークで幸せだった時期には、本当に悩み無くて、それがいつしか悩みに変わりはじめました(汗)

 

私は書きたいし描きたい。

売りたいし、お金が沢山欲しい。

誰かとか社会の貢献というより、自分が好きな事をして、誰かが喜び、それがお金になることが嬉しい。

なのに、仕事をしていたら、それって、どっかに消えて行ってしまう。

「仕事として仕方ないこと」に消えてきますね。

目標はいつからか、やりたいことから消化することになりました。

 

2014年の口癖に「頑張る」が出てきました。

仲良しの人に、少し心配されたと言うか、自分でもその言葉が嫌でした。

少し前の2013年頃は、人にも自分にも頑張れという言葉は使いませんでした。

 

ここ最近「がんばってる」と思うと涙が出るようになりました。

理由はよくわかりません。意味もなく切なく苦しくなるのです。

そういう時は、過去から思うと、実は今だけじゃなくて、、、

ぼーっと運転していると、2002年頃〜数年、あてども無く毎日一時間ドライブしていた自分を思い出します。

あの時はわからなかったけど、きっとあの時も、心の葛藤と戦っていたのだと思います。

 

私に

「がんばれは」本当に必要な言葉でしょうか?

思えば、その言葉を使わなかった時が一番幸せでした。

 

自分の心に刺す嫌気があると、ちゃんと拒否して生きてきたはずなのに、大きくぬかるみにはまったのか、社会の波に対応出来ないことも増えました。

ちゃんと相談出来る人にすれば、

「あなたが不快だと思う事には近寄らなくていい」

と言われます。

心には「良いと悪いを判断する機能」が備わっているんですよね。

きっと幸せは、自分が良いと思えることからしか派生しません。

 

ある場所に仕事をする上で、

「好きな事と得意なことは違うと書いてありました」

一里それはあると思います。

やっぱり仕事(特に勤め)だとそれが大きいと思うんですよね。

しかし私はどうでしょう?

 

私は工場作業のような単純作業がとても得意だと思っています。

絵を書く描くのは好きだけど手を叩かれた瞬間に素敵な絵はかけません。

はっきり言って絵をかく才能はありません。でも、描きたいって思うんですね。

あなたなら、どちらの仕事を私の仕事に適切だとお考えになりますか?

 

好きな事をお金にしようと考えていた頃。

わりと前向きだった気がします。

今、なんとなく、企画から入るプロダクト制作と絵を描くことに目覚めています。

要するに、本当の意味でデザイン要素が強い事をしたいのだと思います。

他人が売れるのは、嬉しいことですが、しかし仕事である以上、それに振り回されもする。

WEBの理論が点在している中、何かで固定させようと言う観念が大きく、自由なデザインや発想がWEB画面になるとシステムやスクリプト知識がないと難しい。

いろいろ悩む中、そこにスルッとアナログの物が落ちてくる。

 

なんてシンプルなんだろう。

グラフィック(ある意味絵画)っていうのは、この四角い枠の中で完結している。

いいな〜。

って思えるようになったんですね。

今目指すべき視点は、今ぼんやり、そちらに移りつつあります。

私はWEBデザイナーやめるのかな〜。。。

 

心の元気はきっと、取り戻しつつあるこの頃です。

仕事も仕事として、やりきらなければいけないと思ってるし、スタッフさんたちの生活もありますからね。

だけど、人間ってどっかで、歯車がおかしくなってしまうんですよね。きっと。

まーそんなこんなで、どん底まで落ちて這い上がり中です。

 

今年は「整理する年」と年初に思っていましたが「原点に帰る年」でもありそうです。

自分が好きなこと、確信が持てることに従って生きてみる年にしたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました