ラッピングペーパーを1年位売ってわかったこと

ネットショップ

1年位、特に広告も出さずにオリジナルラッピングペーパーを出してわかったことを書いて見ます。

まず売上的な結果とかですが、ニッチなので、そこまでガンガン売れてません。

クリスマスや父の日、母の日、特にバレンタイン前に売上が伸びますが、単価が単価なので知れてます。

ただ、確実にショップ様お買い上げだと、リピートにつながってます。

Paper

売上は楽天が圧勝

パワーストーン屋にもかかわらず、楽天圧勝です。ラッピングページはこちら

もちろん、力が入るのも楽天なので仕方ないのですが・・・。

面白いことに、仕入交渉?みたいなのがあって、自社サイトのほうが安くできると勧めた事があるのですが、支払いが代引きか銀行振込という事なのに、楽天で購入を希望されていたこと。

そのお客様の問い合わせ形態は、スマートフォンメールでした。

全てのサイトがスマフォから利用できるけど、やはり、登録やポイントなどの問題がありそうです。

 

amazonはほぼ10枚巻での購入

実はamazon、少し単価が高いです。

要するに、値段見ないで買う人個人がamazonなのだと認識しています(それか価格コム経由)

そういう傾向があるサイトであるのは、他でもよく書かれていますが。

 

売れ筋がモノトーンストライプとブラック

一番最初に出したのが、一番上の写真のモノトーンストライプ。

現在でも一番人気です。

それ以外にもモノトーンものを出してますが、ボチボチです。

市場にないというのが大きな理由かと思っていましたが、そうでも無いことが今日判明しました。

理由は最後まで読んで頂いたらわかります。

 

ラッピングペーパーを買っているんじゃない事が判明

よくラッピングペーパーモノトーンの検索、研究をしています。

画像などはピンタレストに集めてます。

そのため、画像検索をよくするんですが、販売から1年たつと、自社のラッピングペーパーを使ってくれているお客様の画像も見つかったりするわけです。

すると、面白いことがわかったのです。

 

ラッピングペーパーの楽天のレビューに以前こんな事が書かれていました。

「商品写真のラッピングを真似て包装してみました」

嬉しいなと感じてはいましたが、あまりピンと来てませんでした。

今日、画像検索して、それはあるショッピングサイトで使われた包装の写真だったのですが・・・

自社の商品写真と同じラッピングをしているのです(リボンも同じ)

ここで頭にガツンと何かが来ました。

お客様はラッピングペーパーを買ってるんじゃなくて、その後のギフトになる課程を買っているんだと。

ラッピング方法を買っていると言っても過言ではない・・・・。

 

よくネット販売では、その後の使用イメージが想像できるように写真を掲載しなさいとはいいますが・・・

こういう事かと思いました。

 

売れ筋が売れる理由

ここで、売れ筋が何故売れているかが判明します。

「市場にないから」

が理由だと思っていましたが、

「事例を紹介されていることが多いから」

が理由になるなと考えました。

特にモノトーンのラッピング。世の中に白黒マニアっていう人達が沢山いるのですが、その人達が愛用しているもの・・・

モノトーンストライプ雑貨多数!!!

モノクロマニアなどでも検索かければ、結構出てきますし、先程のピンタレストでも結構ストライプラッピングペーパーを利用しているものがあります。

 

かなり頭が冴えた感じですが・・・

ようするに、自社のラッピングペーパーを売るには、沢山のラッピング事例(方法)を紹介し、よりイメージしてもらいやすくする他ないんだな〜と思いました(そんな時間もなかなかとれませんが)

 

おしゃればマネからはじまる。

デザインもマネからはじまる。

ラッピングもマネからはじまる。

皆が欲しいものは、みんなの情報の中にある。

そんなことに気がついた今日でした。

 

やっぱり売れるのは楽天!

モノを売るためにはミラーリング効果を高めるのが鉄則!

タイトルとURLをコピーしました