見えないものを見ようとする努力

経営

今月になって3.5冊本を読んだ佐光です。

本を読むのは習慣であって、たぶん、趣味です。

 

 

さて、2014年、楽天トラベルにおいて、予約実績を伸ばした1位の都道府県はどこでしょう?

 

 

答えは「佐賀県」です。

 

 

「へーそうなんだ!意外」

って思いませんか?

「なんでだろう?」

って思いませんか?

 

答えは自分で探してもらうとして(いろいろある)、、、

世の中には、見えない真実が沢山あるんだな〜と思うこの頃です。

たとえば私的に、北欧暮らしの道具店が、一億円も売上あるとかかなりビビリましたし(笑)

スマフォフル使いの高校生が、ニュースなどの社会の出来事情報の入手先1位がテレビ(86%)っていうのもかなりびっくりしました。

なんか、変な固定観念持ってるなって・・・・自分を改めますね。。。

 

で、それは何故?を考えると、意外な盲点が見つかるんですよね。

ネットショップでそれだけの売上を上げるには???

「販促、広告費に15%」

いや、王道なんです。普通なんです。

でも、ネットショップの規模だけ見るとそうでもないのかな〜とか、ポカーンと思ったりしちゃうんです。

 

うちもネットで何か出来ないかな〜って考えてみたんですが・・・

今やりたいことが、今以上忙しくしなくて、利益を増やすです(笑)

単純に、広告費とか制作費使ってたらそれは意味ありません。

ひとつの案で

地元の仕事しなければ、もしかしたら行けるんじゃないか?

という考え方も出ました。

地元の仕事だと、お客様のところへ行って、話を聞いて帰るだけのエンドレスの非効率時間がありますよね。

しかし、遠くの仕事だとそれが緩和されます。もしかしたら、今の制作料金半分にしても、そちらのほうが効率良いのではないかと考えています。

訪問、面接なしで、ホームページ半額・・・どうかなぁ。きついかな?

 

ホームページ制作って、訪問で無駄に時間(人件費)かかってると思います。

そこがなくなれば、有意義な制作時間が増えるとおもうんだけどな・・・。

(ひとつの案です)

 

ネットショップでもそうですが、

「ほしい!」だけでは動かない傾向が、最近強くなっているそうです。

物があふれるこの時代ですからね。

普通の理論で売れる店も少ないです。

そこを打破していくためには、「見えないものを見る努力」をしないといけないですよね。

あの会社はなんで売れてるんだろう?

→「商品がいいから」 では決してないと思います。

 

頭固くなって来たこの頃ですが、裏側に目を向ける努力をしながら、考えて売上を伸ばしていきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました