お問い合わせを増やすためのフォームの小技

Eメール

お問い合わせが少ない!というあなたのために。

お問い合わせフォームを少し変えただけで、問い合わせが増えるかもしれない小技をお伝えします。

できることがあればやってみてください!

お問い合わせ項目を少なくする

あなたの会社のお問い合わせは、どれくらい記入箇所がありますか?

住所やフリガナなど、面倒な記入はありませんか?

記入する箇所が多い場合、離脱の原因になります。

 

お問い合わせフォームはなるべく簡易にして、お客様に返信する2アクション目にお客様の内容を伺うようにしましょう。

一度にたくさんの情報を仕入れようとしてはいけません。

メールフォームの幅を広げる

form

フォームが小さいと、記入のしやすさが視覚的に変わります。

合わせて文字の大きさも改善しましょう。

現在テキストの標準サイズは16pxです。フォームだけ20pxぐらいにしていも問題ありません。

これはCSSでカスタマイズできるはずです。

 

メールフォームの装飾の工夫

ある実験の結果にこんなものがあります。

お問い合わせフォームにあったイラスト。

ダンボールの絵があった場合、顔が入っていたほうが、断然申し込みが多かったそうです。

form2

↑イメージです。

結果から、装飾を変えるだけでもお問い合わせ率が変わる事がわかり、より親しみの持てるフォームに変えるだけでもお問い合わせは増えるのかもしれません。

何でもシンプルがベストではないという一例です。

お問い合わせを合わせるフォームの工夫

お問い合わせフォームからの連絡が少ない場合、アクセスはもちろんですが、いろいろな手を使って改善することがあります。

今回書いたこと以外にも、現在はLINE@や他のSNSからお問い合わせを増やす。またブログ記事に毎回お問い合わせフォームをつける。など、いろいろなやり方ができますので、お問い合わせページひとつにこだわるのではなく、他の仕掛けも考えてみましょう。

お問い合わせを増やすには、古典的な見方も必要ですが、自社にあったマーケティングをし、それに付随するお問い合わせの方法があるはずです。

楽しいマーケティングをすると、お客様は集まりやすくなります!それを考えてみてはいかがでしょうか?

ABOUTこの記事をかいた人

広島県福山市
株式会社MUDORA run party 代表兼デザイナー。
マーケティング系理論、仕組みを作るのが得意。

13年のWEB経験を元に成果が上がるWEBデザインネタを書いています。
Twitterなどのフォローお願いします!コメント必ず入れてください!