今年も手帳の季節

経営

この時期になると、本屋へ行けば、うまい事手帳を使ってる人の本がずらり並んでいますね。

私は今年もエグゼグティブノートですが(3年目)・・・それにしてもカバーナシなのに高い(汗)

10月に銀座のitoyaで毎年のように買いました。

 

私の手帳の過去のブログはこちら

2009年5月 言葉ノート

2010年1月 手帳が使えるようになった私の3つの方法

 

もう今年が終わるのかって思います。

仕事になくてはならないものの一つがこの手帳になっています。

 

スケジュールだけじゃなくて、目標とか、◯◯歳までの予定や夢とかいろいろ書いてあります。

美術館へ行ったらその半券を貼ったりして・・・。

メモ帳や他のノートは極力は使わず、全てこれに書いて無くさないようにしていますが、他人の誕生日だけは、できるだけグーグルカレンダーに入れて毎年リピートにしていますね(汗)

いつまでたっても、可愛く書くことができず、どちらかと言ったら、真っ黒です。

3色ボールペンとかで使い分けてる人が、どんなに器用なのかな・・・と思ったりしますよね。

 

ずっと使い続けていて、一つだけ確実に言えることは、

「手帳の書き方は他人の真似してもうまく使えない」

です。

この時期、いろんな、本当に手帳に関するいろんな本が出てるんですよ〜。

私も参考に何冊か読んだ事がありますが、やっぱり使い方は変わりません(汗)

 

ただやっぱり、手帳好きですね。使ってる人見るのも好きです。

思い付いた事を書くのが私だからかな・・・。一年にひとつできる、ただひとつの手元に残る思い出です。

 

そして、ずっと忘れる事が出来ない、達成しきれない言葉を2014年も書いておこうかなと思います。

仕事を溜めないこと
ペンディング事項をなるべく作らないこと
外注先からの納品や部下(あるいはパートナー)の仕事ができあがるのを待ちつつ、新しい仕事を持つ、あるいは発掘するポジションに自分を置くこと

タイトルとURLをコピーしました