モバイル端末の為に、レスポンシブにしても、集客の為にはならない。

レスポンシブデザインが公に歌われだして、2〜3年になりますが・・・

(レスポンシブデザインとは、1ページで出来たデザインが、あらゆる端末に可変し対応するのWEBのデザイン)

実は、全然集客には向いていないし、カテゴリページを多く所有するサイトにも有効ではありません。

 

悪い言い方すれば、型にハマったデザインを(例えばブログ)

中の色とかバナーデザイン等を変えた感じで創り上げていくので、デザインというよりは、

レゴブロックのような感じに思えます。

 

実は、「検索に良い」とか「どんな端末からも見れるから良い」とか言いますが、

実際に大手ではあまり使われておらず、そのかわりに、ちゃんとモバイル対応ページを作っています。

なぜなら、レスポンシブデザインの貧相さに呆れる、できることに限りがあるからです。

いろんなディバイスに一つのページで対応するという事は→込み入ったデザインは出来ない→シンプルになる。

です。事実、大手のキャンペーンサイトで以前使っていたのに、今は全く普通に分けて作られていたりもします。

 

ですので、安易に

「ではレスポんシブにしましょう!レスポンブデザインにすれば、モバイル端末に対応しており、集客になります!」

と言う、ただの対応しているデザインでは、本当の集客にはなりません。

そんな言葉しか言えないWEB会社は貧弱しょう。

 

人はね、感情があるんです。

感情を司る脳がヤラれると、人は理論や計算をする脳、覚える脳をしっかりと持っていても、ちゃんと生きられないことがわかっています。一番は、感情なんですよね。

感情の引き出しは、デザインにあります。

だから、デザインという世界は、どんなに技術が発展しても衰退しません。

とっても簡単にホームページが作れるツールが出来たとしても、デザイナーは残ります。

欲しいか?欲しくないか?これを選ぶ時に、必要な要素で、デザインは何番目ですか?

 

レスポシンブという流行りの言葉を聞いたら、

それはあんまり集客になるデザインじゃないと覚えておいてください。

ただ、どんな端末からも、綺麗なホームページとして見れるという価値はあります。

見やすい、読みやすい・・・・それだけです。

なので、ブログのように読んでもらう為のサイトに、非常に有効なデザインです。

商品がすごく売れるサイトにはきっとならないけど。

 

制作側の糸と、売り手側の糸は全く違います。

制作側は、常に、クリエイティブなものを求めがちですが、売り手は、とにかく売れて欲しいですよね。

私はどっちも欲しいけど、出来る限り、売れてほしいかな・・・自分の販売サイトは・・・。

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社MUDORA run party 代表兼デザイナー。 各種ネットショップを持ち、ネットショップの売り方の研究をしています。ネットショップ系の講師やコンサルとしても活動中。