もう無理!赤字でネットショップをやめられない人に送る6の言葉

スポンサーリンク
マインド、メンタル
スポンサーリンク

楽天ネットショップを8年間続け2017年の1月に楽天を退店しました。
実は退店は2年前から考えていたので、もっと早くに辞めていれば、、、という苦悩がありました。
 
 
辞める時、いろんな問題があると思います。
次からの収入源とか、雇用問題。
 
けど実際には「辞めなきゃ!」って思った時が潮時です。
そんな風に考えているあなたに、10の言葉を贈ります。
 

スポンサーリンク

1.あなたが退店しなくて困るのはあなただけ

雇用があって、その人たちを切らなくなって申し訳ない気持ちもあるかもしれません。
リピーターがいて、その人たちのために存続したい気持ちがあるかもしれません。
しかし、実際にはそこまでそれを深く考えたりしていないものです。
 
リピーターも少しの期間、連絡が入ったりしますが、ほとんどの場合、さささーと引いていきます。
会社が倒産するかもしれないと思えば、スタッフもさささーと引いていきます。
困るのは、あなただけなのです。
 

2.見栄やプライドはお金の前では何の役にもたたない

あなたが辞めるからには、赤字経営になってる。またはほとんどお金にならない。
という事実があるはずです。
その場合、その経費がかかってしまうものを捨てなくてはなりません。
それがネットショップ、そして、その人件費、そして仕入れなのです。
 
自分の見栄やプライドは、何にも役に立たず、もし使えるとしたら知恵だけです。
知恵があるのなら、あなたは不必要な人件費はまず捨て、今の状況を改善しなくてはいけないと考えるでしょう。
それが今なのです。
考えた時がタイミングなのです。
 

3.辞めよう考えて辞められないと失うものがある

私がネットショップを辞めようと2年前に考えた時、
即座に辞めておけば、2年という時間を使って私は何をできたでしょう?
それが悔やまれてしかたない事実です。
 
実際に私はその2年間で、鬱になり、
かなり酷い状況も体験しました。
辞めれば悩まずに済んだことを、辞めなくて悩んでしまったのです。
 
そして、そんな間になぜか支出は増えました。
無理して続ける必要はありません。今辞めない間に時間が過ぎていくこと。
そしてそれがお金であることを知ってください。
 

4.その後の生活が考えることが必要

ネットショップを辞めて今後は?
こればかりはなるようにしかなりません。
だいたい辞めると、その後支払いが残ります。
もちろん、痛いです。
けど、いつかはそれがやってくるので、なんとか支払わなくてはいけません。
 
ネットショップを辞めて仕まうと、支払いは残りますが、
時間は増えます。その増えた時間を少しでも多くの労働力に変えましょう。
お金のことを忘れるくらい働きましょう。
今、運送会社の配達員は足りてないと言いますし。。。
 
大きな支払いが残っていたとしても、
銀行に相談すれば、必ずなんとかなるものです。
無理して首絞めて続けるよりも、やめてスッキリしましょう。
 
家族がいても大丈夫。
一人で考え続けないことです。
お金がなくなれば、必ず家族は協力してくれるはずです。
 

5.人生は失敗の繰り返しだよ

失敗は成功の元です。
成功するまでやり遂げる人もいますが、
必ず全てが成功する人はいません。
 
特に先が見えないネットショップはなおさら辞めるべきです。
私の場合はそうでした。
先が見えるのなら続ける価値はありますが、
もう無理だと思った時点で辞めることをお勧めします。
 

6.適材適所、これが必ず役に立つことがある

私の場合、もともと、WEBデザイナーという立場で
ネットショップを作る上での勉強になりました。
私の適所は、やはりWEBデザインだったのです。
 
しかし、この経験から得られたことは大きいと思います。
今も自社では別のネットショップが稼働していますが、
今後販売で考えることは、売れなくても稼働できるネットショップだけです。
 
あなたの今後の生きかたにも
絶対に役に立つはずですかあら、悲観することなく
今、あなたにあった場所を考えてみませんか?

タイトルとURLをコピーしました