ホームページ制作業界へ入る前に知ってほしいこと

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今でも、まだWEB業界(いわゆるIT)に興味を持って、勉強を積み、起業したいと考えている人がたくさんいます。
そんな人に知ってもらいたい事を今日は書こうかなとおもいます。
私がこの業界にはいったのは2005年でした。
そのころは、まだ優れたデザインのサイトも少なく、目新しいサイトと言うとFLASHのサイトでした。
CSSを使ったサイトも少なく、初心者の私でも、HTMLさえ知っていれば、デザイナーになれた・・・という時期。
WEBの成長期でした。
ところが、WEBの世界はドッグイアーと呼ばれるほど成長が早く、2006年〜2007年には成熟期を向かえ、現在は転換期となっています。
これがどういう事を指し示すかと言うと
成熟期は
かつて、WEB時代を築いた人が頂点に君臨してきます。そのため、初代WEB時代を築いた人たちはカリスマと呼ばれ(もちろん、しっかりした、新しい勉強と知識が必要)高いWEB料金を維持したまま仕事を続けることが出来るのですが、
成熟期移行に仕事をはじめた人は、競合相手が増え、値下げ合戦になってきます。
素晴らしいサービスと対応が必要です。
転換期です。
業者数と顧客数のバランスが崩れ、バタバタと業者が倒産していきます。
WEBの場合は、未だ顧客のほうが多いのですが、低料金の仕事に、高時間の作業が多く、そのバランスがとても悪くなっています。
転換期の次に来るのは安定期ですが、
安定期が来るにはまだまだWEB進化が進んでいるのでいつになるかはわかりません。
しかし、安定期がくると、かならず、その会社の強みを持った会社しか生き残れなくなります。
勝ち組しか存在できないんですね。
今からWEBで起業する人、または仕事をはじめるひとに知ってもらいたいのは、
それくらい、今WEBは苦しい時期なんですよね。
仕事があっても、こなせなかったり、低賃金だったり・・・。
人に教える間があったら、自分が勉強しないと置き残されてしまうような・・・。
でも、こういう事をちゃんとしていれば、自分の仕事に強みを見出せるかも知れませんw
しっかり、ちゃっかり、やっちゃって欲しいです!

タイトルとURLをコピーしました