クリエイターが高額な仕事をとるにはどうすればいいのか?

そろそろWEBデザイナーも終わりかけ

ほとんどディレクターの仕事ばかりしている村上です。

 

私が仕事を独学ではじめた当時、一人仕事で1件につき20万以上稼ぐとか夢のまた夢でした。

稼げるお金はいつも知れていて、ほとんどの場合が一桁。

数こなせばなんとかなると考えながらも、そんなにうまくいかないのがWEBデザイナー(女子)なんだと思っています。

 

仕事を得るには根っこをつかむこと

もうそんな話を何度もしたのですが、まず仕事を得るのに、木の枝の葉っぱを拾っていても、なかなかたくさんの仕事にはありつけません。

必ず、広告代理店やシステム会社と取引をしなければなりません。

そういう仕事が集まる場所に自分を置かなくてはなりません。

 

しかしながら、下請けであればあるほど得られる金額は底辺になります。

かといって、自分が外回り、営業も含めるような仕事になると、手を焼くばかりで得られる対価にがっかりすることがあります。

結局そこのジレンマを行ったり来たりして、自分なりのやり方が定着してくるのではないでしょうか?

 

一人の限界

私が独立して、一人でやっていた期間はわずか3ヶ月ほどです。

起業してすぐに、自分の半分の仕事を外注さんに任せていました。

 

一人でする仕事にはレバレッジを効かせることができません。そうすると負担がストレスになり、あまり良い仕事ができません。

必ず、一人仕事には限界がきます。

その限界を超えていかなければ、いつまでたっても、高額の仕事を得ることは難しいのだとおもいます。

 

自分の限界の金額をいつも上回る

仕事の金額が1件50万くらいになった時、いつも感動していたような気がします。

けれど、そんな仕事でさえ、3ヶ月も費やしたりして。

 

だいたいそのくらいの金額から、自分の中の壁が、見積もり金額にストッパーをかけたがります。

「これ以上の見積もりを出しては受け入れてもらえないかもしれない」

そんなことで、見積もり金額を無意識に落とそうと努力するのです。

案外私はその壁を破るのに時間がかかりました。この無意識をいつも気にしながらお金に対しては向き合っていかなければなりません。

見積もり金額をいつも上回る目標は常に大切なことだと思います。

 

ウェブ制作につきものな問題

100万の見積もりを越える頃には、また別の問題が発生します。

そう、WEBシステムの構築や、セキュリティー面での安全性の保証など。

大きな仕事をとればとるほど、一軒の仕事に対して手がかかるのに、そこへまた新しい問題や勉強がついてくる。

 

そして、人員的な問題。仕事が追いつかない。。。

ただ人を入れたところで使えるかもわからない。育てる費用や仕事がない時のリスクを考えると簡単に雇用もできない。

だから外注さんを探してやってもらう。

そうやって、なんでも一人でやらない環境を作り続けることが大切になっていきます。

 

企業価値をどうやってあげるか?

大きな仕事になればなるほど、相手も大きな会社なので、やはり会社全体を見渡されるようになります。

その時、どうやって選んでもらうかというと、信用だとかその企業の価値がものを言います。

それは創業年数だとか、今までの経験や仕事、デザインのクリエイティブさ、そういうものです。

会社の体裁が結構重要なのだと感じる時期がやってきます。

 

大手の会社が、自社ホームページもなければ、所在地もわからないようなところに仕事を依頼することはまずありません。

そして、数年で潰れそうな会社、フォローがなさそうな会社に手を出すことは考えにくいのです。

企業価値の上げ方は人それぞれですが、とにかく、顧客満足を得る。そしてその人たちからの声をどうにか反響させる。

こういうのが大切なんじゃないでしょうか?

 

私にも良いうわさ、悪い噂があります。

悪い噂が経てば経つほど有名ということなので良いと思うのですが(笑)

とりあえず、口コミができればそれなりの企業価値は上がっていきます。

 

自分のステージに合わせ顧客が変わる

 

やはり安い仕事をしていると、それに合わせたお客様しかつかなくなります。

これは当たり前ですよね。100円均一を一度使ってしまったら、それと同等のものが300円均一で売っていても買いたい気持ちはなくなります。

では、どうやったら100円均一の商品を300円均一やそれ以上のところで売ることができるのでしょうか?

それは、もちろん、100円均一のお客様を無くすところから始まります。

 

自分がホームページを作っている間に成長している会社は相変わらずの付き合いができますが、自社(自分)だけが成長してしまった場合、必ずお客様自ら外れていきます。

外れていけばいくほど、自分のステージに見合ったお客様は入ってきます。

どんな会社でもそういうものです。

 

だからまずは手放すことから始めなければいけません。

 

しかしその前にステージの上げ方というのがあります。ステージをあげるためにしないといけないことは、とりあえず会社としての体裁を整えていくことです。

もちろん、株式にしなければならないだろうし、どんな仕事もこなせる経験が必要です。

ウェブにおいてはマーケティングの知識やネットショップ一般の知識がなければなりませんし、それに付随する、商品企画やブランディングなどの経験、企業にウェブのコンサルティングに入れるだけの知識を要します。

自分のデザインの実力だけで一流になれる人は、もしいたとしても1%以下ではないでしょうか?

私が知る限り、そんなに甘い世界ではありません。

 

一人なら月に1件50万円の仕事を目指す

私が過去にある地元の社長さんから言われた言葉です。

「一件50万円の仕事をコンスタントに取ったら良いよ」

最もらしいようで、私には衝撃的な言葉でした。

当時私の仕事はいつも1件20万円以下。

そんな私が50万円の仕事をコンスタントにとれるはずがない!

とずっとそんな風に考えていました。

 

けれど、今になってみれば、だいたいのいつも1件50万円以上の仕事になります。

今の気持ちがそっくりそのまま、10年前の私ならと思いますが。。。

取れないと思ってるから取れないだけ。それだけなんです。

 

結局は経験と知識

ここにはまだ書かれていない仕事の取り方がたくさんあります。

しかも仕事はやり方以外に、自分のメンタル面も大きく影響してきます。

 

必要なのは、自分を信じる勇気でしょうね。

誰しも自分が最強で最高であるなんて考えてはいないものです。

そして、だいたいの人が自分の限界を自分で決めてしまっています。

 

売るも売らないも、得るも得ないも、自分の気持ち次第です。

とにかく、気持ちに限界を持たず、上を目指して行きたいですね!

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社MUDORA run party 代表兼デザイナー。 各種ネットショップを持ち、ネットショップの売り方の研究をしています。ネットショップ系の講師やコンサルとしても活動中。