ロールス・ロイスはどれだけ高くつくか?

スポンサーリンク
心理学
スポンサーリンク

お金の本に(苦笑)こういうのが書いてあった

これは実際のロールス・ロイスの広告らしいけど

「ロールス・ロイスはどれだけ高くつくのか」

・休みなしの数年間

・応援にいけなかった運動会

・後回しにした友達付き合い

・健全のために失いかけた自分の健康

・同僚が酒場で過ごしている間にこなした残業

・見逃した子どもたちの最初の一歩

・すべてに優秀さを求められること

この広告の最後にはこう書いてある

「ロールス・ロイスに乗れるのは、他の誰よりも多く犠牲を払える人」

 

と書いてある時、ふと数名の人が浮かんだ。

普通の意識で見たら、とんでもないことが書いてある。

というのも、このコピーは誇らしいものではなく、自虐的だ。

しかし、それを買う人たちは、きっとこのコピーに共感するのであろうと思う。

すんごい心理学的なコピーなんだよね。

このコピーを自分と重ねあわせることで、親近感ができ、自分が買うにふさわしい車だと思う。

なんてこったい。

 

私の尊敬する人は、いろいろな理由が重なって、フィットを購入した。

まず、毎日お酒を飲んで運転しない人なのでね。車が大好きなわけでもない。

しかもコピーに全く当てはまらない。

・社長なのに毎日暇だと言っている。

・だいたい4時半に仕事を切り上げて帰る。

・子どもの運動会のビデオをとるのが自分の役目だった。

・誰よりも飲んでいる(昼から)

・社員が休みをとるのをためらうので休みを率先してとる

仕事は、自分以外に全部振ってしまった人なんだ。

やっぱりロールス・ロイスを買う人ではないのだ。代わりに杉並区にセカンドハウスを立てたけど。

 

この章に書いてあったことは、お金依存症、どんなに目標を達成しても満足できない人のことが書いてあった。

たくさんお金を持っていても幸福にはなれない。

幸福度を一番高く感じているのは、「幸せな結婚生活」を送っている人のようです。

私たちは、なんのために働くのかな〜。

成功とはなんぞや。

お金欲しい、、、っていうより、お金かからないってほうが幸せだよね〜。

 

本を読みながらいろいろ考えた朝でした。

 

タイトルとURLをコピーしました