何度か落ち込むけど、悩んで心底落ち込んでも笑い飛ばしてくれる人

スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク

私が起業した時は、本当にお金が無かった。

それでもかなり前向きで、なんとなく楽しくもあった。

毎日それなりに進んでそこまで落ちることもなかった。

なのに・・・

お金はその時より自由につかえるだろう人生になっても、情けなくなるほど落ち込む事が多くなって、そしてその頻度が激しくなって行く。

たぶん責任がまして行くこと、見たことない壁が後ろや前から迫ってくることへの恐怖、なんども蹴飛ばされる事への痛みが重なってそうなっていくんだろうとは思う。

ついでに言うと女性は、そこに、恋とか愛とか家族・・・いろんなものが転がって激しく回転していく。

 

やらなきゃいけないこと、守らなきゃいけないもの、無くしたくないこと。

いろいろ渦巻く。どんな時も一通りのその感情を持っていて、フォルダ分けできないのが女性だと思う。

 

そんな時に、わりと男性の経営者は適切なアドバイスができない(笑)

それは私が女だからだろうか?

ゆっくりしたほうが良いとか、いらないものを出来るだけ切ったほうが良いとか・・・

そういう話になる。

論理的!?ってやつかな。。。

確かにその言葉を頂くのも大切なんだけど、なかなか腑に落ちない。

それどころか、いらないものは、実は今必要としてる、その声や相談なのかもしれない・・・

と思うことさえある。

 

 

それが、ベテラン女性経営者に相談したら、途端に軽くなる。

っていうか、笑われてしまう。

しかも大きな声で「あはははは」と。

こっちが死にそうな気分で、超落ち込んでるのにね。

 

「あんた何歳でそんな事言ってるの〜

そんな事、この先もう何十回だってあるんだから、今からそんな事言っててどうするの?

まっすぐ進む船なんかないし、必ず浮き沈みはあるんだから、少し位沈んでも絶えなきゃ!

今は潜っても必ず浮いて来るんだから、乗り越えなさい」

と。。。

 

まぁ言われてしまえば確かにそのとおりなんです。悩んだって何も解決されない。

それどころか悪化していく。身体と心が腐る。

ところが、前に進もうと躍起になっても、こういう時はどうにもうまく行かないからまた考え出す。。。

 

で、また別の仲良しの経営者の女性に電話したら、

自分も今同じ状況だからって、とりあえず私が悩んでるのに、今の自分の状況を愚痴られるw

そして、他の女性経営者にこう言われたと話すと「あはははは」とまた笑われる。

その通りだと。

仲良い女性に笑い飛ばしてもらうのが、こんなに楽なことだとは思わなかった。。。

 

私よりも苦しい経営者は多いと思うし、お金の面では想像もつかない。

たぶん、私は経営者っていうより、ただの個人だから、下の下の下にいて、まだホントにたいした悩みじゃないんだと思う。自分でも何故こういう風になってしまうのかよく解らないけど、去年からずっとすぐれない体調が災いしているに違いない。

 

人生は何度でも悩む。

でもきっとその必要があって悩む。考える必要がある。

そして、脳を更新しているに違いない。

こういう時、動かない方がいいっていう人と、動く方がいいっていう人がいるけど・・・

私のいつもは、現実逃避だ。

 

ってことで、来週はお休みを頂いて、どこかへ行ってきます。

この時期のホテル確保は本当にとれないですね><大変だった。

 

私の仲良しの女性経営者さんは、私よりみんな10歳以上年上だけど。

それが本当に心地いいなって最近すごく思います。

私もそういう人間になりたいな。

タイトルとURLをコピーしました