売れるショップは、売る方法を持って売ってたりします。

スポンサーリンク
売り上げUP
スポンサーリンク

売れない、売れないと思ってるショップさんのページを見ると、実は結構センスがなかったり。
売ろう売ろうと思っているけど、ページの作り込みができてなかったりします。
他によくあるのが知識ばっかりもっているのに実行できてないこと。

投資→売れるの関係

ものが売れる前には必ず投資が必要です。
それは、仕入れ投資だったり、ページの作り込みをする時間の投資、知恵を得るための投資だったりします。
陰陽学では、陰と陽はいつも同じ分量だといいます。
投資しただけ戻ってくるし、投資する時間を惜しむだけ、売れない期間が続くってことなんだけど、
もちろん、準備期間があり、投資する時間が長くなることだってあります。
そこに比重を置きすぎて、倒れることもあります。
投資してると思いながら、実は見当違いなことをしていることもあります。
投資って、実はお金じゃなくて、身を削ることなんです。
身を削って投資するから、対価を得られたりするんです。
ほとんどの売れないショップさんは、店長が頑張ってない→間違った投資なんです。

売るための知識は、ほとんどマーケティング、行動経済学(心理学)に含まれている

だいたい、売るための知恵はほとんどマーケティングと行動経済学に依存しています。
それらを体系的に組み立て、実行していく力に売る力があります。
たとえば、ランディングページを作ったら必ず売れるか?と言ったらそんなことはありませんよね?
前よりは売れるようになると思います。
しかし思った以上に売れていない場合の理由はいろいろ考えられますが、ほとんどが、マーケティング知識の欠けつと行動経済学の導入忘れです。
類似商品の比較や、市場を踏まえてなかったり
売りたいがために、限定感を忘れていたり、
お客様の感情コントロールを忘れていたりするのです。
もとより、自社のファンを作ることを忘れている人もいます。

お客様は7時間以内に決断する

私は以前、こんな経験をしました。
知識のない商品を買うのに、最初に魅せられた商品を買おうと決意するのですが、その商品の知識がないがため、他の商品も見てみようと思ったのです。
すると類似商品がたくさん出てくるのです。性能や値段が変わってきて、混乱し始めます。

そこへ、市場シェア率No.1の商品を目にし、そちらを買う検討を始めます。
みんなが使ってるから良いにちがいない!
最初選んだ商品とは別の、その商品を買おうと思った瞬間に、実は、最初買おうと思っていた商品より劣っているところがあることに気がつきます。

この時点で、選ぶのに疲れてしまっています。
いろんな商品を見たあげく、いろいろ考えるのがめんどくさくなってくるのです。
もう、いいや、最初の直感を信じて、最初に選んだものに決めてしまおう。。。
ということで、私は、結局考えるのをやめ、最初に選んだ商品を買いました。

ここで何が起こっているかといえば、
お客様はあなたの商品だけを見ているわけではない!
ということ、
購入する際に考える時間は、7時間もあれば十分だ。
ということ。
そしてさらに、行動経済学では、長く見た商品を心地よく感じる。
ということ。

これらを見て、いろいろな販売の方法を思いつきませんか?
もっとたくさん見てもらうにはどうしたらいいか?
他へ移っても、見てもらう方法はないか?
もっと自分のサイトに長く滞在してもらう方法はないか?
他より優れていると思わせるにはどうすればいいか?
結局それを知りながらページを作っているサイトが勝ち組なわけです。

あなたのターゲットはそこにいるのか?

あなたのショップはちゃんとターゲティングできていますか?
ターゲティングとは、あなたのユーザーになるであろう人が、どんなサイトを頻繁に観覧し、どんなサイトでお買い物をし、料金の支払いは何でして、PC、タブレット、スマホ、どれから買う人が多いか?
ってことを、先に考えて、その人の環境に合わせてサイトを作るということ。
そこで、いつも楽天でこの人は買い物をしているだろう!って推測できるのに、全然別のカラーミーとかアマゾンで販売してても理にかないませんよね。
たとえば、クックパッドをよく見るであろう人がターゲットの場合、Facebookに広告費を使っててもしかたないよね。
クックパッドでは、どこの会社の広告が挿入されているか知った上で、そこに広告投じたほうがいいよね。(YAHOOやGoogleアドワーズの広告が入ってる)
Instagramをよく使う人なら、Instagramに広告をだしたらいいと思うし。

お客様目線で売らないから売れない

当たり前だけど、楽天は手数料が高いとか、初期投資が高いとか、、、
だけど、お客様がそこにいるのに、売らないって、「売りたくない」にしか聞こえないよね?
ちゃんとターゲティングをして、その場所にショップを置いてはじめて売上があがるものだ。
なのに、その場所にイチャモンつけて売らないの売れなくてもしかたない。
そういうお客様には、私は残念ながら、売る方法は教えてあげることができても、売れるよ!とは言ってあげられない。

まとめ

売る店は、圧倒的なマーケティング知識を体系化して販売している。
時間の投資をできない場合、その時間を補う投資をする。
お客様の決断を促すコンテンツを多く持ち、お客様目線で売る。

ご検討を祈ってます!

タイトルとURLをコピーしました