ドラッカーが好きなWEBデザイナーがドラッカー思考で考えるWEB

WEBデザイナー

P.F.ドラッカー、特に上田さん訳が好きな、デザイナー佐光です。

 

今日も、生産性の話が出てくると、ワクワクして話をしてしまうし、

「なすことではなく、なされるべきことを考える」に対して、夜な夜な東京の友達とチャットで議論していました。
さて、ドラッカー思考でWEB考えたら、こんな感じになる。を書いて見ます。

 

 

あなたのホームページは何屋として覚えられたいのか?

ドラッカーは常に、自分が何であるか?を問います。

私の場合は、私はデザイナーです。講師でもあるけど、デザイナーとして覚えていただきたい。

そして、うちのホームページの場合は、販売系が得意なホームページ制作会社として覚えていただきたい。

こう考えるだけで、強化すべきところが見えてきたり、言葉が変わってくるはずです。

 

広く伝えてこその専門知識

ドラッカーは知識=責任みたいなことをよく書いてあります。

社会的貢献ですかね。専門家がその知識を幅広く伝え、共有することにより教育が深まる。

そして、その知識は、きっとお客様の関心につながる。

 

例えば、アインシュタインは相対性理論よりも「物理はいかに創られたか?」を書くのに多くの時間を使ったと言います。

それにより、「物理はおもしろい!」と思う人が増えたそうです。

確かに、私も茂木さんが書いた「あなたにもわかる相対性理論」の本。おもしろいなって感じてます。

他人に自分の仕事を知ってもらい興味を引き込むには、良い言葉での知識共有をホームページでできたらいいですよね。

 

成果をあげるには貢献を考えるのが基本

ビジネスの基本の基だとは思いますが、とにかく焦点を「貢献」にあてて考える事。

下手にマーケティング手法を使って、「売り上げ」に着目してしまうと、実際に何に向かって走っているのかがわからなくなる。

「貢献」焦点をあてていれば、見ている人が喜ぶ事をすぐに想像する事ができる。

よってコンテンツが活きてきますよね。

 

やらない事を決める

成果や生産性を上げるにためには、できることよりもできない事に注目し、それをやらない方法を考える事が先決です。

ホームページにうちはなんでもできるんです!って書いてもあまり強みにはならないし、それなら、専門性を強調して、徐々に、不要な内容を切っていけばいいのだと思います。

やらない事っていうよりも、やりたくない仕事って、みなさんあると思うんですよね。

お客様のヒアリングへいってもそういう事が多いです。

できるけど、あんまりしたくないんだよねー。って。

そういうのを、ホームページではあまり書かずすみっこに置いとくとか、書かない。そういうのも必要です。

 

顧客は誰であるかを考える

こちらもマーケティング思考ですが、経営学でドラッカーがうたっています。

自分の仕事は何であるかを知る第一歩が顧客は誰か?を考える事です。

次は、顧客がどこにいるか?顧客はいかに買うか?顧客はいかに到達するか?を考えましょう。

これは、先に考えるという事じゃなくて、いつもフィードバックを受けてずっと改善していきましょうという意味。

だから、ホームページは単に作って終わりじゃなくて、その後も解析やお客様のフィードバックを受けながら改善していくべきなのです。

それによって、本当にお客様が欲しいとおもってもらえるホームページになっていくはずです。

 

他にもいっぱいあるけどこんな感じで

私はドラッカーを読む事で、基本的な社会の考え方は変わりました。

それまで同じように捉えていた、公共的な仕事と普通の会社の差もわかったし、自分の仕事の観点も変わりました。

それとは別にマーケティングを勉強する事で、利益を出すために大切な事が、お客様を獲得する事じゃないってのもわかりました。

 

今すぐ客を獲得する仕事は長く続きません。問題は、そのお客様をどうやってリピートさせるかです。

でもこれは、すぐれたシステムを使うとかじゃなくて、笑顔の耐えない気さくな営業マンにするとかそういうニュアンス。

仕事は特にコミュニケーションが重要ですからね。

何かに頼りすぎる、またはお客様が誰なのかを忘れてしまう。これが一番ダメなことですよね。

 

ボトルネックはトップに

私の好きなドラッカーの言葉です。

全ての経営の最終的な問題はここですね。ホームページもこれです。

広告費をどう考えるか?経営をどういう風に考えるか?でホームページは変わってきます。

 

「無知は恥!」といいますよね。だから私も自分の仕事には責任を持って勉強を続けるわけです。

うちでホームページを持つ前に、いろいろ知識を深めていただきたいですし、そういうコンテンツ作りも必要だと考えています。

 

今日はドラッカーでホームページを考えてみたんですが、是非興味を持たれた方はドラッカー読んでみてください!

読みやすいのは、「ドラッカー時代を超える言葉」です。

読み出したら止まらなくなるから怖いのよね〜。

タイトルとURLをコピーしました