なんでしないの?関連付け検索対策

スポンサーリンク
売り上げ改善
スポンサーリンク

クリスマスシーズンです。

弊社のオリジナルラッピングペーパーが売れるシーズンで、バレンタインまで続きます。

うちのラッピングペーパーはモノトーン。クリスマスだからラッピングペーパーが赤っていう発想はまちがってるんだなぁって最近思います。

例えば、それはワンポイントが赤や緑であれば良いだけですもんね。

 

さて、これを買う人たちは、どうやってラッピングペーパーを探しにくるんだろう?って考えてください。

たぶんね普通の人なら、「クリスマス、ラッピング」とか「かっこいいラッピング」とかで検索かけるんじゃないかな?

って考える人が多いと思います。

でも違うんです。

 

ほとんどの人が、「ラッピング方法」で検索したり、ピンタレストやインスタグラムで検索して、それに似通ったラッピングを考えた上で、そのラッピングに近いラッピングペーパーを探してるんです。

 

「より素敵なもの」を探す人は、「より素敵なもの」が陳列してあるところに必ずいきます。それが、画像検索で言えば、ピンタレストなんですよね。

 

また、ラッピングの方法とかで上位に上がってくるのはほとんどまとめサイト「NAVER まとめ」だったりします。

 

つまり、いままでの検索でいくら対策しても、それで、ものが売れる近道にはならないということです。

 

スポンサーリンク

こういうことは当たり前にしましょう

私のピンタレストです。

↓かなりシェアされるボードになっています。モノトーン中心で、うちの商品がちらほら乗っています。

また、うちの商品を使ったラッピングアイディアを集めています。

pinterest-%e2%80%a2-%e4%b8%96%e7%95%8c%e4%b8%ad%e3%81%ae%e3%81%8a%e3%81%97%e3%82%83%e3%82%8c%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%a2%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81

 

NAVER まとめではこういうのをいくつか作っています。

%e3%80%90%e7%94%b7%e6%80%a7%e3%81%ab%e8%b4%88%e3%82%8a%e3%81%9f%e3%81%84%e3%80%91%e7%9c%9f%e4%bc%bc%e3%81%97%e3%81%9f%e3%81%84%e3%82%ab%e3%83%83%e3%82%b3%e3%81%84%e3%81%84%e3%83%a9%e3%83%83%e3%83%92

地道な作業ですが、ひとつ記事を挟んで、うちの商品を探してくれるようにってのは、インスタグラムやブログなどでもいくつかおこなっています。

とにかく、今の時代、SEO対策を重視しても、仕方ないのかなって思います。

しっかりとしたコンテンツをいくつか作り、そこから商品に落とし込んでやる。

 

また、利用者のターゲティングをしっかりして、その人たちがどんな媒体をいつも使っていて、どうやって商品にたどり着くかを詳しく分析したほうが良いのではないでしょうか?

 

どうやったら売れるんですか?はご法度

基本的に売れるかどうかは、売り方にかかっていますが、自社で魅力を引き出せないものはそんなに簡単に売れたりしないし、その商品を「欲しい」までにもってこれないと売れたりしないんだと思います。

 

たとえば、昔、爆発的に売れた香水がありました。

その香水、男性向けで、かなり高いんです。

なのにすごく売れたんです。

 

今検索してみたら、8mlで8640円で売ってました。。。

高いですよね。

ハイブランドの香水でも100mlで4、5千円です。

 

なぜ、この商品が爆発的に売れたかというと、この商品、もともとアフィリエイト商材で、この商品を使うと女性がエッチしたくてたまらなくなる!

というものだったからです。俗に言うフェロモン香水ですよね。。。

でも、実はみんなフェロモン香水を買っていたのではなく、そのストーリーを購入してたんですよね。

要するに、この香水が売れたのは、売り手がそのストーリーを掻き立てて販売したからにすぎません。

 

逆に言えばストーリーのないものなんて売れないんですよね。

 

しかもこのストーリーを作るのは、売り手の力にかかっています。

だから「どうやったら売れるんですか?」はご法度なんです。

そんなのあなたが一番知っているんだから。

 

関連付けたコンテンツを作りリンクを貼ることとは

もう、みんな売り込まれることに飽き飽きしています。

上記で売れていた香水も、口コミで評価が落ちてしまえば売れなくなってしまうものです。

そうじゃなくて、現代はものを買うとき、自分の中にある発想が形になっていくことを望んでいるわけです。

 

例えば、インスタグラムで趣味友達が素敵なお弁当を作っていた。

私も真似してつくりたいけど、どうやって作っているのかわからない。

だから、作り方を探す。そしたら簡単にそれを実現できる商品が販売されていた。

これを使えば、自分も素敵にインスタグラムにアップできる。だから買う!というふうになるのです。

 

これは、他人を見て思いついた、自分の発想なんです。

自分の発想から検索してお買い物にたどり着くが、今一番購入意欲につながっているのだと、私は感じています。

 

要はコンテンツマーケティング

コンテンツマーケティング習得するのは、いろんな意味で難しいなとよく感じます。

私も数回に渡り教えてきましたが、できない人が圧倒的に多く、特にそれをする時間を作れない人が多い。

読むのは簡単ですが、こういう記事の制作には数時間かかってしまうのが常です。

そして、努力して作ったにもかかわらず即効性の効果がないのです。

私の場合も、やはり、ラッピングペーパーが売れだしたのを実感したのは、ここ最近。

今、よく売れてるものだ!って感じます。

 

また、利益を出すために大切なことは、コンテンツマーケティングではありません。

これは広告の手法です。利益を出すために必要なのは顧客情報の収集です。

これを一応理解しておいてくださいね。

 

とにかく、今回はこれを参考にしていただけたらなと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました