コンテンツマーケティングのありがちな失敗実例はこんなの

コンテンツマーケティング講座の実践編での実例を紹介します。

 

まず、実践編ではこんなことをしたので紹介します。

1、コンテンツマーケティングのテーマやターゲット決め

2、ブログのタイトル決め(1時間以上かかりました)

3、SEO対策各種

4、カテゴリ決め

5、記事を実際に書いてみて、その確認

 

とにかくタイトルを決めるのは難しかった

コンテンツマーケティングでオウンドメディア(自社コンテンツ)を作る場合

ブログを使うことが多いのですが、

タイトルは変更します。

 

「◯◯会社のブログ!」が気になって検索にかける人はまずいません。

そういうのをつけるのは、ある程度のファンを形成している会社だけです。

ですから、お客様があらかじめ、見たいと思えるブログのタイトルを考えます。

ブログのタイトルを決めるのには行くとか条件があります。

 

◯ターゲットが入ってる

◯ベネフィット

◯数字や実績が入ってる

◯つぶやきを入れる

◯読んでイメージできる

◯耳障りが良い

 

などです。

かなり悩んで、みんなで検討しながら決めました。

 

コンテンツマーケティングでは売ってはいけない!

content-marketing-manager-1200x800

基本編で、くちすっぱく

書き手の立場は出版社、「売ってはいけません」と言ったのですが、、、

売ってしまうのが常です。。。

 

参加者にセールスライターさんがいたのですが、、、

セールスライターさんは、簡単に記事を作っていくんですが、、、

これが、、、間違いだらけ。。。

 

紹介しても良いというお言葉をいただいたので

こちらで紹介。

半年ぶりに会った友人、智子が
スリムになって肌や髪のツヤが
良くなっていた。

半年前は
「仕事と育児で時間の余裕がない!」
と言っていたのに。。

こんにちは、◯◯の
スラッと生活プロデューサーの
◯◯です!

忙しい日常で、こんなことを感じることはありませんか?

・時間の余裕が無く、つい夜遅い時間に食事をしてしまう
・お通じが悪く、体がだるく疲れも取れない
・食べている量は多くないはずなのに、体重は減らない
・ダイエットすると肌のツヤが悪くなった気がする

一緒です。私はもちろん、そしてお客様から寄せられる
悩みもとても似ていました。

でも、今の私も友人の智子も半年でそれぞれ4kg、6kgの
減量をし、体調が良いのか疲れも残らず毎日元気に
生活できています。

そんな生活のポイントが「毎日一杯のスープ」だとしたら。。

「◯◯さん、スープ飲むと痩せて元気になったなんて。。
実は影で運動や食事制限をしているんじゃないですか?」

過度に効用を伝える情報が多い現代、疑わしい気持ちに
なるのもよく分かります。

ただ今回紹介させていただく、このスープの効用は、、、

のためです。

栄養バランスだけでなく、あなたの消化を助ける
機能があるのです。

何かを外部から摂取するという発想でなく、
あなたの体の機能を十分に働く支援をすることを
目的に開発が進められました。

もし3ヶ月飲み続けて、効果を感じなければ
全額返金をさせていただきます。

あなたにリスクはありません。
返品理由も問いません。

商品の質には自信を持っていますが、
あなたの人生の充実が最も大事です。

「もっと元気な私になれると嬉しいな」
くらいの楽しい気分で始めていただけると
私達はとても嬉しいです。

品質重視で製造しているため
月に500セットしか販売できないので、
もしご興味があれば下記のフォームより
お問い合わせください。

「今日、あなたがあなたの健康のために
できる小さな一歩は何ですか?」

それではまた来週火曜日にお会いしましょう!

↑さすがセールスコピーライター

簡単にこういうの書いてくれましたが、

失敗事例です。

 

そもそもコンテンツマーケティングとは

お客様とのコミュニケーションを作り信頼を高めるツールです。

よって、セールスコピーとは全く違うんですよね。

 

お客様と共有出来る優良なコンテンツを作るのが目的です。

この実例の場合は、

痩せた理由を明確に提示し、レシピを公開してやれば良いのですが

限定で売ったりしてはいけません。。。

これを見た瞬間お客様が去ってしまうではないですか、、、

 

↑これをやってしまいがちなので、

コンテンツマーケティングは

ちゃんと勉強しておかないと難しいんですよね。

 

出版社の編集者の気分でコンテンツを書くのは難しい

私も痛感していますが、コンテンツマーケティングは

第三者の立場から書く感じなので、通常より頭を使います。

 

実践して、何度も書き換えたりする必要があります。

どうやったら、良い記事になるのか、考える必要があります。

 

しかし、完璧さはいらないのが、このコンテンツマーケティングの良いところです。

慣れたらあなたもわかるはず。

簡単に書いてしまうことが一番良いのです^^

 

このコンテンツマーケティングが気になったあなた

コンテンツマーケティングは、ネットで調べるといろいろ出てきます。

そしてすぐに始めることができます!

講座は、それができない人が来るところです。

 

まずは、調べて初めてみたら、案外できるかもしれませんよ?

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社MUDORA run party 代表兼デザイナー。 各種ネットショップを持ち、ネットショップの売り方の研究をしています。ネットショップ系の講師やコンサルとしても活動中。