忙しい経営者にならぬために

少し前に、ある経営者のことがこんなことを言ってた。

「スタッフが5名くらいの時が一番しんどかった」

ああ、、、今になってそんな気持ちがよくわかります。

で少し考えたことを書いとく。間違ってたら誰か教えて下さい。

 

IMG_2219

図にかくとこんな感じ(上)

矢印が、外部からの仕事ね。

自分に仕事が集結し、自分が指示を出す。

タイムラグができると、暇なスタッフが出来てしまうって言う図式。

 

 

人数いないけど、忙しくないのが(下)の図式。

自分に入ってくる仕事は一定量。

他にそれを管理してくれるスタッフを作ってるのよね。

 

 

私の場合、今、下に成りかけてきてるけど、まだまだ、、、

 

下の図式にするには、どうすればいいかな?と考えてたのですが、

問題はここよね↓↓

IMG_2219

 

実はここを、今、私とながらくやってくれてるコーダーさんが2割程度はやってくれてるんだけど、、、実はこのコーダーさんにも別の仕事があり、また接客や指示など、人と、コミュニケーションをとるのが苦手。。。

 

というわけで、仮説を立てていろいろ考えたんだけど、

通常なら、ディレクターとか言う人の場所。

でもここって、まずはただの「御用聞き」だから、もしかしたら、そんなにWEB詳しくなくてもいけるのでは?

(族に言うカスタマーサポート)

 

っていう安易な発想。

スケジュール管理と、ほうれん草がしっかりできれば、なんとかなるレベルでは?

 

というのが、ほとんどの場合、制作の途中経過の簡単なやりとり(原稿や写真があがってこない)などの連絡、スケジュールの管理が、案外ごちゃごちゃ要素のなりやすい。

 

↑そこを緩和してくれる人、つまりマネージャー的存在?

が必要なんだよね。。。マネージャーって普通の人でもできそうじゃない?

もともとWEBデザイナーとして入ってくる人だって、最初は営業とかできないわけだし。

営業マン入れるって筋違いだし。

ここマニュアル化すれば、わりと良いかも。。。

さて、できるかな?

私ならできるはずです(笑)

 

ABOUTこの記事をかいた人

広島県福山市
株式会社MUDORA run party 代表兼デザイナー。
マーケティング系理論、仕組みを作るのが得意。

13年のWEB経験を元に成果が上がるWEBデザインネタを書いています。
Twitterなどのフォローお願いします!コメント必ず入れてください!