売れるためのコピーライティングはこう考える

自社のスタッフ、ネットショップをやっているお客様、勉強会のみんな、、、

いろいろな人のコピーライティングを見て感じることがあります。

 

ライティングが得意な人と下手な人の差が激しい。。。

 

これは言葉を知っているか、知ってないかの差でも、勉強できるかできないかの差でもない。

よくセンスと言うけど、まさにそれです!

だから、頑張ってもうまくいってない人はうまくいかない。

このコピーライティング、主にネットショップでは、タイトルと画像に当て込む文字なのですが、、、ぜひあんまりうまくない人は、これを意識してください。

少しは良くなると思います。

 

1、小カテゴリの目的+欲求

この商品が、なんの目的に使われるのか、そしてそれは利用者の何の欲求を満たしてくれるのか?をお客様はまず、直感的に目で探します。

この時、その大カテゴリの目的で作ると、内容がぼけてしまいます。

だから、大カテゴリの下の小カテゴリの目的で作るとわかりやすいです。

(例)

×「健康になりたいあなた!」←大カテゴリ

◯「膝の痛みを改善したいあなた」←小カテゴリ

 

2、お客様の欲求を間違えない

お客様が求めているものが、自分が売りたいものと合っていれば良いのですが、そうじゃない場合があります。

それは、書き方の違いにすぎません。

つまりここでコピーを謝るのです。

この場合、リサーチ力も必要となります。今売れてるもの、そしてお客様が求めているものをしっかり観察してください。

(例)

×「冷えを防ぐ暖かい腹巻き」(売りたい品)

◯「見た目が気にならない腹巻き」(お客様が欲しいもの)

 

3、悩みを解消するのが大前提

お客様は、ものを買う時、何かの悩みを解消するために買い物していることがほとんどです。

そこで、よく出てくるうたい文句として、「おしゃれ」というキーワードがありますが、こういった「かっこいい」「かわいい」などという形容詞は、必ず前提に、どうして?が必要です。

見た目ではなく悩みを解決するキーワードを入れてあげるほうが、自分にぴったりの商品だと思ってもらえます。

(例)

×リバーシブルでおしゃれ

◯肩幅が広いあなたでも目立たずおしゃれ

 

 

4、イメージができないコピーは売れない

コピーは、あなたがその商品を持った時のバラ色のイメージがすぐに浮かぶ言葉が優れていると感じます。

その考え方としては、親友の悩みに応えるような言葉で考えると良いと思います。

自分に似合う服のことで、とっても悩んでる親友に、この商品は「有名ブランドだから品もいいし似合うよ思うよ」とブランド価値を押し付ける人はいないでしょう?きっと「肩部分がゆったりしてるから、あなたでも似合うよ」みたいなニュアンスで言ってくれるはずです。そしたら「肩がゆったり、肩幅が広いあなたでも似合うゆったりニット」とかになるわけです。

まずは、その商品の特徴を知り、どんな悩みの親友に進めるのか徹底的に考えてコピーを考えましょう。

 

 

5、何度も人に感想を聞くこと

弊社もそうですが、コピーがおかしくて売れない商品がたくさんあります。

それは、社内、スタッフ通し、もちろん私にも、だれも感想を聞かない、ひとりよがりでコピーを作っているからです。

私もそうですが、「これでいいや!」がせっかく売れるチャンスだった機会の損失を作っています。せっかくだから、もう一度、他人に聞いてそのコピーがおかしくないか考えてみましょう。

 

 

まずは、そういうことも含めて相談できる相手を見つけてはいかがですか?

ネットショップ担当者勉強会おすすめしています!

ABOUTこの記事をかいた人

広島県福山市
株式会社MUDORA run party 代表兼デザイナー。
マーケティング系理論、仕組みを作るのが得意。

13年のWEB経験を元に成果が上がるWEBデザインネタを書いています。
Twitterなどのフォローお願いします!コメント必ず入れてください!