ほとんどの人が間違っている!?ブログ集客術 その4 (デザイン編)

はい、今日のテーマは

ブログのプロフィール表示について

です。

 

完璧な人も多いと思いますが、念の為書いておきますね。

 

観覧率が高いプロフィール

ブログにしろSNSにしろ、その人のプロフィールっていうのは、とても観覧率が高い箇所です。必ずいれましょう。

 

そこで、私たちは心理的に、何を気にして見ていると思いますか?

それは

 

 

類似性です。

人は自分と似通った人に興味を持ちます。

私たちは、まだ相手のことを知らなくても、まず他人と自分の似ているところ無意識に探しているものです。

 

 

たとえば、タクシーに乗った運転手さん、、、

普段なら会話に困ります。でもプロフィールの記載があり、出身地が一緒、出身校が一緒、好きな食べ物が一緒、、、だと話が広がり、興味も出ますよね?

とたんに、その人に好感を覚えます。

 

だから、ブログには、できるだけお客様が自分と似ている思える部分を見つけることができるように、プロフィールを書きましょう。

また会社のスタッフページでもそういった事項を記載することが有効と言えます。

 

じゃあ、プロフィール写真は?

 

写真は信頼要素

暗闇でサングラスをしている人を見て、胡散臭いと感じたことはありませんか?

それはなぜでしょうか?

 

実は、人間、他人を見るとき、目を意識して見ています。

目が見えない=怪しい

という印象ができてしまうんですよね。

 

セミナーでよく話題に出すのですが、WEBデザインの場合、使う写真は、必ず視線があるものを!と勧めています。

写真の視線が、こちらを向いている場合、脳内では「自分を見ている」つまり「相手と視線を合わせている」となるのです。

 

あなたが友人と真面目な話をする場合、目を見て話し誠意を伝えるように、視線があっているとは、信頼感を高めていると言えるのです。

ですから、写真は、恥ずかしがらずに視線がある写真を使いましょう。

 

会社紹介でもそうですが、社長の写真があるだけで、一気に信頼感が増します。

社長の写真はだいたい、目がこちらを向いてるものです。

写真には様々な心理効果がありますが、プロフィール写真はそういった意味でも効果的なものを選びましょうね。

 

ここまでちゃんと書けてるなら、良いプロフィールができていると思います^^

ではついでにプロフィールで集客もしておきましょうね。↓↓

 

プロフィールを観覧する確率が良いということは?

見てくれるのはブログ記事だけじゃなかった、、、

ということは、ここでいろいろ売っておくのも手だとおもいませんか?

プロフィールの最後にURLや検索ワードを入れておきましょう。

あなたに興味を持ってくれた人は、きっとすぐにそのページに飛んできてくれると思いますよ!

ぜひ記入しておきましょう。

 

 

次回は、意外と気がつかない、デザイン面のお話です。

 

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社MUDORA run party 代表兼デザイナー。 各種ネットショップを持ち、ネットショップの売り方の研究をしています。ネットショップ系の講師やコンサルとしても活動中。