ほとんどの人が間違っている!?ブログ集客術 その3

ブログ集客

今回のテーマは

集客に効果的なブログになるには?

 

です。

実はブログといわず、ホームページのほとんどは、記事を最後まで読まずに、そのページを去っていきます。

だから、アクセスがあっても、無事に読まれているとは限りません。

あなたのブログにファンをつけ、集客につながるブログにするにはどうすれば良いのでしょうか?

 

実はそのために、たくさんの人はここに間違っていることに気がついていません。

 

ターゲティングを間違えてる

これはホームページも、ブログも一緒ですがターゲットを間違えている場合が多いのです。

 

例えば「ラーメンが好きな30代男性」がターゲットのブログがあるとします。

お店としては自社製品のラーメンを売りたいので、「ラーメン好きがこだわる生ラーメン」なんてタイトルを書きます。

しかし、あなたはこの記事をクリックする人はどんな人だと思いますか?

 

そう、お分かりの通り「おいしいラーメン屋」を探している人がこの記事を読みにきますよね。自社製品のラーメンを買いたくて、来るのではないのです。

この場合、「自分で作る男前生ラーメン」などと、しっかり「自分で作る」ことをアピールしてやり、ちゃんとターゲットを絞ることが大切です。

 

お客様需要の低い記事は集客度が薄い

集客に繋がらないブログの要素として高いもの

○日記、スタッフブログ(日々の出来事)

○社内の紹介、会社の取り組みの紹介、自社売り紹介

○読んでて楽しくない。続きが読みたくない

 

 

例えば、漫画などの雑誌。ジャンプ。私は買っていませんが、、、

10年でも20年でも買って読み続ける人がいると聞きます。

それは何故ですか?

 

続きが気になる、読んでワクワクするからです!

もちろん、そういう人しか漫画家に選ばれないのですが、、、

綺麗な文字がかけても、単調にまっすぐ書いてて、それが集客につながるブログか?とはまったく関係ありません。

 

欲しい情報が楽しくすっと入ってくる!

これが一番集客につながるブログだなって思います。

 

少し切り口を変えてみる

今もし、日記を書いているのなら、その切り口を少し変えてみませんか?

スタッフブログでも、お客様に与えられる情報はあると思うんです。

 

例えば、建築会社なら、家を整理するのが苦手な人のための整理術とか。

不動産の会社なら風水を調べて毎回書くだとか。

ブログで集客を考える場合には日々あることをそのまま書くのではなく、場合によっては切り口を変えて考えてみてください。

 

ブログの書き手は必ずプロフェッショナル

アクセスが多い、よく読まれているブログというのは、ほとんどの場合、書いている人がプロです。

 

経験の浅い弁護士のブログを読むには不安がありますよね?

料理を始めたばかりのママのクックパッド料理は真似したくはないですよね?

 

そう、もしあなたがプロじゃなくても、プロになりきって書いたほうがお客様は安心して読めるのです!

初心者的な発言はなくして、自信を持ってブログを書いてみてください。

だって読者は

あなたのファンになりたいのです。

あなたのファンを増やすためにも、あなたはその道のプロになってください!

 

しかし実は集客には、もっと効果的なブログの書き方があります。それは、、、

 

賢い人はリサーチして、お客様が欲しい情報を書く

相手が欲しいものを与える!というのは鉄則の販売方法ですが、そんなブログの書き方があります。

それは、過去の記事でどんな記事がよく読まれているかを調べて書く!です。

 

ネットショップも同じ方法で売上を増やします。これはどんなものを売る場合でも一緒です。

 

お客様にとってどんな記事が需要があるのか?

どんなキーワードで検索にかけてくるのか?

最近のブログなら裏側にアクセス解析がついていると思いますので、ここを調べて、その記事を書き直したり、新たに似たような記事を追加してあげてください。

 

まず、記事数が少ない場合は、いろいろ記事を書き増えたら、この方法を思い出して試してみてくださいね。

 

 

さて、今回は集客に効果的な記事について書きましたが、

次回は、プロフィールで集客をしますよ!

こちらからご覧ください!

タイトルとURLをコピーしました