コピーを変えるだけで売れる商品へ

売れると思って仕入れた商品がなかなか売れないなんて事、結構あると思います。

それって要するに、ページ作りに問題があります。

実はうちにもそういう商品があったのですが・・・待てど暮らせど、全く売れない。

何故って・・・制作側が意図を間違って商品ページ作っちゃったから・・・。

 

実は前年まで、全然自社ショップの制作に携わってなかったのですが・・・

パワーストーンブームも終わり、ちょっと影ってきたショップに経営危機と思い(苦笑)手を入れました。

で売れなかった商品がこれ↓↓

img61377804

3980円→1980円で売ってました。

もちろん、価値以上の価値があると思います。(弊社はわりと安く売ってるほう)

 

で、何故売れないかと言うと・・・

自社では何度も、「うちは子宝、安産のショップ」

といってるのに、制作スタッフはあんまり理解してくれないんですね(苦笑)

任せてると、「ローズクォーツの意味」=「女性、恋愛、幸せ」で考えてしまうんです。

その解釈はまちがってないけど、「でもうち子宝、安産の店だよ!」

って内心思ってたのですが、ほっといてました(汗)

 

で、作られたページの一部がこんな感じ(SALE時もの、スタッフコピー)

img59059804

安いし、誰か買ってくれるのかな?

では、商品って売れないんですよね。

価格っていうのは、欲しいに直結してないと、功を奏しません。

 

さて、売れるはずだったペンダントが待てど暮らせど売れません。

それがコピーを変えただけで、1ヶ月であっという間に売れました。

値段も3800円に変更。

(制作スタッフ↓コピー 村上提供)

imgrc0062032973

商品情報のテキストも変更したのですが、よりうちのショップの趣旨に沿った内容い変更してもらいました。

商品紹介テキストは私考えてません。

ただ、「子宝の商品紹介に変えて」と言って参考テキスト資料を渡しただけです。

1年間売れなかったのが嘘みたいに、スンナリ出ました。

 

コピーもネーミングもとっても大切だな・・・と実感させられることが、ネットショップでは多々あります。

やっぱりね、みんな気になるんですよ、そういうの。

こういう事例は多々あると思います。

しかし売れないものを売るマジックは実は目の付け所です。

日々、発想は磨いて行きたいものですね。

ABOUTこの記事をかいた人

広島県福山市
株式会社MUDORA run party 代表兼デザイナー。
マーケティング系理論、仕組みを作るのが得意。

13年のWEB経験を元に成果が上がるWEBデザインネタを書いています。
Twitterなどのフォローお願いします!コメント必ず入れてください!