ネットショップをやりながら副収入を得る簡単な方法

YAHOOショップ

ネットショップを運営していると、毎月の売上の差を見て、時々がっかりすることはありませんか?
もちろん、これらが毎月右肩上がりなら、私のこの方法を読む必要はありません。
ところが、ほとんどのネットショップは売上が安定していないわけです。
 
売れば売っただけ仕入れが発生する。
それに対して翌月はそれだけの売上を得ることができなかった。。。
だけど、これ以上の収入を得る方法がわからないし、そんなに暇もない。
 
そんな時に、少し頭を使いながらこれを読んでいただければと思います。
 

うまくいっているネットショップにはバックビジネスがある

以前もここで書きましたが、
うまくいっているネットショップにはほとんどと言ってバックビジネスを持っています。
私のお客様でいえばこんな感じです。
 
●太陽光発電の電気ビジネスをしている(1ヶ月の自分がこれに使う稼働時間はわずか)
●製造元メーカー(卸売先が他にもある)
●講師、講演活動をしている
 
他にも他人を覗いて見れば、いろいろあると思いますが、ネットショップだけでうまく仕事をしている会社というのは全体の10%にも満たないはずです。
また、ネットショップが増えれば増えるほど、いつか山は崩れてしまうという恐怖に付きまとわれます。
 

定年しても収入を得続ける父親

私の父は63歳で定年しました。
しかし、あることをして収入を得続けています。
また、私の父の兄は、新車を3年で買い換えるほどの収入を定年後得ています。
 
父の兄の場合は簡単な話です。
公務員でありながら、若い頃から投資をしていました。
しかし、実情投資は敷居が高いものです。
 
私の父はと言うと、一度事業に失敗しています。
男性というのは、なかなか自分の失敗を認められず立ち直れないものですが、父は違いました。
最終的な職業は、カーディーラーの社員として車を売っていました。
最終的に、誰が見ても成功した営業マンのようになった気がします。
 
投資には無縁の父だったのですが、
定年後も、なお個人的に車を売り、そのマージンを得ています。
父の得る金額は、以前よりもすごく低いものでしょう。
けれども、なんのリスクもありません。
新しく買ったものもなければ、仕入れに費やすお金も必要ないわけです。
ただ、以前からのお客様の相手をずっと続けているのみです。
 

収入の窓口は今の延長線上にあると考えれば道は開ける

多くの人が、一攫千金を夢見て仕事を始めます。
しかし、それがうまくいく人はどれくらいでしょうか?
 
父も、その兄も、若い頃から続けていたことが今になり実を結びました。
若い頃からと言っても、父が車の営業マンになったのは40過ぎてからのことです。
 
このようなことは、ネットショップだからと言ってできないことではありません。
あなたが頭をひねり、それなりにできることを見つければ良いだけのことです。
それが小さな収入であっても、あなたにリスクがないのなら、受け入れる窓口を作れば良いだけの話です。
 

コツコツ続けたYOUTUBEがヒットして収入に!

現在ユーチューバーという職業が流行っていますが、現在目立って収入を手にしている人たちは、過去に収入を得られない時期からYOUTUBEを初めています。
そして、私でさえ、自らのブログを書くことで、小さな収入をアフィリエイトから得ています。
ブログを書くだけでこんな収入が生まれるとは当初考えてはいませんでした。がいつからかどんなブログを他人が見てくれるのか?を考えブログを書くようになりました。
すぐの収入にならなくても、積もり積もれば大きな収入になることを見逃さないようにしたいですよね。
 

ノーリスクでネットショップで始められる副業は何があるか考えてみる

私の場合、デザイナーが主な仕事なので、あまり副業を始めようとは考えませんが、もし自分がネットだけで販売をするのであれば、こんなことをするのではないかと考えます。
●何かの代理店(友達や知人、またはネットから売ったマージンを得る)
●やっぱりアフィリエイト(今は知っているけど、地道にコツを探す)
●ネットショップの家庭教師(少なくともまだやったことがない人には教えられるはず)
●代理ネット販売(メルカリ、オークション、自社ショップなどに出品、マージンを得る)
●執筆代行(ブログやメルマガなどの執筆を探す)
●出品代行(他社のネットショップの出品を代行する)
●バナー制作業(簡単なバナー制作を500円くらいで引き受ける)
●海外仕入れ代行
●カウンセラー
●ネットショップ立ち上げ代行
少し考えただけでこれだけのことが浮かびました。
今はランサーズやストリートアカデミーもあることですし、たとえそれが、月に1万円の収入にしかならなくても、10年後には120万円になっているし、下手な貯蓄より金利と考えれば良いはずです。
 
私がこの中で一番ノーリスクでお金になるなと思うものは、代理店です。
 

仕事が忙しくても飲む時間がある人はできる

私が上記にあげたことのうち、1日1時間とか月に5時間程度で考えればできることはあるはずです。
まずは初めてみる。。。
始められない人は、どんな本を読んだって、どんなノウハウを知っていたって無理です。
それ以上は稼げませんので諦めましょう。
 

予想外の収入が入ることも

私がブログをやっていてよかったことは、たくさんあります。
まずデザイナーとしてのオファー。
他には、執筆依頼。
そして、アフィリエイトの収入が増えて行ったこと。
それでも10年ブログを書いてやっとこの頃そんな風に感じます。
 
何かを始めると必要に応じてあなたにオファーが舞い込むことがあります。
それはごく自然なことです。あなたに得意なことが仕事となって一つ追加されるのです。
もしかしたら、それは友人の相談からはじまるかもしれません。
しかしそこに収入のチャンスがあるのではないでしょうか?
 
まずはノーリスクでできることを始める。そして学ぶ。最初からお金を使おうとしない。これに尽きます。
 

年齢は言い訳にならない

これは有名な話
■カーネルサンダースが創業したのは65歳
■マクドナルドをレイクロックが創業したのは52歳
■自動車組み立てラインをフェンリーフォードが生み出した時彼は60歳
■イスラエルの第5首相になった初めての女性、ゴルダメイアは当時70歳
あなたが始めるのに遅いということはないし、少しの収入で豊かさを感じていければ、未来それは大きな富になるはずです。
 

友人はいつの間にか大工の仕事をしていた

最初は勤めながら、好きな家具作りをしていた友達がある時自分でホームビルドを始めました。
SNSでそれを公開すると、どこからともなく小さなオファーが舞い込むようになったそうです。
そんなことを続けているうちに、自分の仕事がままならなくなり、起業を決意しました。
 
これは一つの話の例ですが、自分が好きなことを始めるだけで、収入につながることはよくあります。
きっと、始めるきっかけが必要なだけなんですよね。
 
WEBデザイナーだった友人は、アクセス解析士の免許を取得し、本業がアクセス解析士の講師となっていましたが、その後は経験を活かし大学の先生をしています。
オーブンを買ったのがきっかけでパン作りに没頭した知人は、仕事をしながら週一回で開くパン屋を始めました。
こんな話はあなたの周りにもきっと落ちている話だと思います。
 

副収入を得るには探すことではなくはじめること

私はある時、きっかけがあり、小さな島の図書館でWEBの勉強をはじめました。
その後、手探りで仕入先を探し中国へ一人で仕入れの旅に出たりもしました。
情報は、いつも自分で探しとにかく動きました。
 
まさか、宝飾関係の仕事が何のルートもなしに独学でできるとは考えていませんでした。
けれど、今は、どんなこともやろうと思えばできる時代です。
 
便利なインターネットはいつも手の中にあるはずです。
やってできないということは無いはずです。
読んでみて自分も何か!と思われた方。
あなたもここからスタートしてみてはいかがですか?

タイトルとURLをコピーしました