やってみないとわからないショッピングサイト運営成功の鍵

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2.5ヶ月前からネットショップを店長をしている佐光です。
最初は、かなり焦りましたが、どうやらわりと軌道にのってきたようで安心しています。
まだまだこれからですけど・・・。
WEBアドバイザーとして、かなり良い経験になっています。
今日はショッピングサイト運営の成功の鍵をご紹介。
やる前の段階の人には良いアドバイスになるのではないでしょうか?
1.毎日更新できる選任の人がいないと難しい
前回お話をしましたが、WEBサイトというのは、いわゆる資材置き場です。
お客様が次に開いたときには、新しくなっているくらいのWEBショップなくては魅力がありません。
しかも。個人ショップならなおさら。
同じ商品でも、よくなるまで写真を撮りなおしたり・・・文句を書き直したり。
こういうことを、全部専門業者に頼むことは不可能です。
もしも、オーナーがやるのなら、寝ない覚悟は当然必要です。
2.感動するとリピートする
お客様が、ネットショップを利用して、一番感動する時っていつでしょうか?
それは、商品が届く時です。一番満足し、幸せな瞬間です。
その瞬間に感動させられるかどうかは、ショップ次第です。
お客様がその時、どうやったら感動するか?
それは、いろいろ方法があります。
まず、サイトとのギャップ、値段とのギャップ
ギャップがなければ、お客様の気持ちは揺るぎません。
値段相応の包装、薄っぺらい紙の納品書。
これではお客様の心は揺るがないどころか、商品価値さえ落ちてしまうかもしれません。
包装とは、ネットショップの品質を知る一番のブランディングです。
あとは、スピード
値段の安いメール便もいいのですが、
メール便はスピードが落ちます。
お客様は、もしかしたら、次の日には届くことを期待しているかもしれません。
3.サイトを更新ばかりしても、お客様は集まらない
これは前回もお話したのですが、
売れるか売れないかはアクセス数です。
まずはアクセスを集めましょう。
4.スポンサード広告はコアな客を狙え
スポンサード広告では、コアな客向けのキーワードを設置したほうが
売れるというのは、最近では、もう一般的な考え方になりましたね。
例えば、お酒を売ってたとします。
キーワードをお酒とか酒販売にしていては無駄にクリックされるばかりです・・・・。
ワインとか焼酎もちょっと・・・。
お酒で言う一番のキーワードは
『銘柄+安い』とか言う、それを専門に探している人向けのキーワードです。
服でも、なんでもそうですが、本を探すように、キーワードをちりばめることが肝心です。
無駄にクリックされる広告は省くべきなのです。
5.1円オークションの理由
1円オークションをしている理由を知らない人がいますが、
1円オークションは、もちろん、1円で買って欲しいからとか、安売りのためではありません。
大部分が広告の役割です。
しかも、人はほしいものしかお金を出して買うきはしません。
1円でもお金を出して買った人やそのオークションを見てくれた人は
有力な次回からのお客様候補となります。
6.無駄な広告
ネットショップをしていると、広告というのは、いつまでも、付きまといます。
そして、電話での営業もはげしくあります。
私が一番、無駄だといわれたのは、新聞広告(>_<)
ブランドを持った大手企業向けといったほうが有利といったほうが正しいかもしれません。
7.いろいろなお客様
お客様は、自分の気持ちで行動しています。
あたりまえですけど。ですから、すごく、商品が気になる方は、購入前から購入後まで質問の嵐ということもあります。もちろん、お金にならないサービスの部分です。
電話で対応していなくとも電話はかかってくるし、メールはきます。
どれだけ、それに応じれるか?メールに自信があるか?電話に自信があるか・・・
私は、とっても苦手なので、勝負どころです。
他にもいろいろ運営していて思うことはあるのですが、
まず・・・一番は、最初にどれだけ種をまけるかって言う予算的な面もあります。
私は、最初1年は赤字で当然って言われました・・・。
売り上げがあっても、売り上げの倍仕入や広告が必要になってきます。
当分は苦難です。
でも、私がネットショップを運営することで、これまで見えなかったことが
沢山見えました。
この経験はアドバイザーとしてはとても貴重な経験です。
また、この経験を活かし仕事に取り組んでいきます。

タイトルとURLをコピーしました