初心者でもわかる、心理学を使ったネットショップデザインの話

勉強会、セミナー

久々の書き込みです。

11月11日 ポッキーの日に、岡山のデジタルミュージアムにてお話をさせてもらうことになりました。

かなり知識としては自信を持っています。

私の中では、

「これを知らずして、どうやってネットショップを考えるのですか?」

といった基本的な内容であり、WEBプロデューサーなら知っていて当然でしょ?という内容です。

クリエイター向けとなっておりますが、私自身は普通のネットショップ店長もわかるような内容でお伝えして行きたいと思っています。

 

ECサイト」って何?と思われてるかたがいるとおもいますが、

「販売サイト(ネットショップ)」と考えて間違いありません。

WEB専門用語ですが、一般の人にはこの言葉90%は伝わらないので、私はあまり使っていません。

 

■セミナー内容■

「心理学を活かした売れるネットショップデザイン」 

1.デザインの前に、やって(知って)おかなければならない事。

2.販売における心理学と行動経済学

3.ランディングページデザインの制作知識(売るページ)

 

1、デザインの前に、やって(知って)おかなければならない事。

デザインを変えても売れないサイトは沢山ありますね。まずそういうサイトがすべき事があると思います。

それをしない限り何をしても売れはしません。ですので、それを考えていきましょうね。

 

2、販売における心理学と行動経済学

見栄えの良いデザインで物は売れるなら、誰も苦労はしないでしょう。

同じ商品が置いてあるショップで、一方はバカ売れなのに、一方はあんまり売れない・・・。

どんな差があるとおもいますか?そしてそれはどういう仕掛けがあるのだと思いますか?

人間が目で見て良いと思えるものは、全てに置いて、目から入り、脳へ行き、感情へと伝わります。

デザインが感情に訴えなければ意味はないってことです。

デザインが感情に訴えるために知っておいて欲しい、簡単な心理学と行動経済学についてお話します。

 

3、ランディングページの制作知識

素人でも作れるランディングページの制作知識をお話します。

一般的にこれを考えるのは、WEBプロデューサーの仕事であり、それをデザインしていくのがWEBデザイナーの仕事です。

楽天ショップでは当たり前のように、素人楽天ショップ店長が作っている、このランディングページ。

2の心理学を知った上でなら、あなたにもつくれるはずです!

 

もうひとかた、素晴らしい講師の方がいらっしゃるので期待していますが、自分の知識とズレてるところが指摘されるのを、若干恐れています!

でも、自信があることをお話できる機会を頂いた、

また、今年の目標がひとつ達成できた!

という喜びはとても大きいです^^

素敵な日になると嬉しいです。

 

お申込み、お問い合せ、詳細は

岡山WEBクリエイターズまで

タイトルとURLをコピーしました