売れないなと思ったら、ブログの書き方まちがってたよ!

スポンサーリンク
売り上げUP
スポンサーリンク

ブログ書いても売れないな。。。
と思ってる人いませんか?
もしかして、商品の押し付け販売してませんか?

実は、うちは、まだ今その状態です(苦笑)
売れないと思った(笑)
↑お店を誰かに任せているとこんなことになります。

ブログには書ける記事の難易度があります

スタッフにブログをまかせると、書くのが好きな人と書くのが苦手な人、ふた通りにわかれます。
また、自分のことを書きたい人、他人のことを書きたい人、その人の価値観により内容が変わります。
でもとりあえず、「書く」ことが大切なので、書けない場合、難易度が低い順に書くことを促します。

書く難易度が低い順
1、日記
2、商品紹介
3、お客様の事例
4、時事ネタ
5、為になるコンテンツ

5になるとぐんと難易度が高くなりますが、書いて欲しいのは5だったりしますね。

欲しいのは、他人が保存、シェアしたくなる記事

たまに他人に教えたくなる記事ってありますよね。
それって、考えるの難しい、、、
って思われる方が多いみたいです。
私も、実際、1〜4までの記事がほとんどで、
5を書くことができるようになったのは最近です。
何を書いてても、個人的思想に寄ってしまい日記になりがち。
みんな自分が一番大好きだから、当たり前といえば当たり前なのですが。

他人が読みたい記事って、自分の情報になる記事ですよね。
豆知識より、悩みに直結すること。
情報を持っていて損はないこと。

そういう記事が欲しいですよね。

こう考えると、コンテンツを作ることは簡単になります

1、なぜその記事を書くのか?
2、その記事は誰が必要とするのか?何に使うのか?
3、その記事のゴールはなんなのか?与えられるメリットは何か

これを考え、ゴールを明確にしてやることで、記事の内容が濃くなります。
昔話みたいに
「めでたしめでたし」や
「楽しかった」で終わると日記ですからね。

記事のタイトルが読まれるかを左右する

記事のタイトルは読まれるかどうかをかなり左右しています。
最近、優れたタイトルコピーがおおいですからね。

考えればきりがないですが、こういうテキストがタイトルに入ると結構読まれます。
◯簡単
簡単って書くことは、通常は、難しい、面倒なイメージがあるものに対して有効です。
◯間違い
正しいと思ってる常識が実は間違ってた?そんな記事は知りたいですもんね。
◯3分で完了、3日できた!
奇数数字が入ってるタイトルは目をひきます。
◯えぇ!おっと!わぁお!
話し言葉が入ったタイトルは感情が伝わってきますね。

何度も書き直していい

最近時間があったら、これをおこなっています。
過去の記事を読みなおして、より読みやすくする。
だから、とりあえず、作って仕舞えばこっちのもの!
書かない、かけなくなるがブログは一番の大敵です!

売れないブログのタブー

なんとなくわかるとおもいますが
◯日記
◯押し売り
◯おすすめ商品
◯目標、ゴール設定がない
◯ショップへの誘導がない
は、ただの検索対策にしかすぎません。
お客様のためになる情報を与えながら、ちゃんと自社サイトに誘導できる仕組みをつくりましょうね!

今日からブログを変えよう!

売れないブログから売れるブログに変更するのは簡単です。
まずは、意識して始めること。
過去記事はあっても大丈夫です。
お客様のためになる情報!
って書いてる自分も素敵な気持ちになれますよね!
そう思ってかけば、楽なものです。

実はこれさえ作れば、この記事を使って、無限にアクセスを増やせる仕組みがあります。
またそれは別の機会で書くとして、、、
詳しく知りたいかたはこちらの教室でわかります!
今すぐ知りたいかたは教室より安いこちらで!

タイトルとURLをコピーしました