ネットショップの撮影がうまく行かないあなたへ 10の助言

売り上げUP

ネットショップの写真が綺麗に撮れない! よくある悩みのうちの一つです。
私もネットショップをはじめた当初jは写真をなんども撮り直しました。
色味が違うとクレームの元になるし、大きな写真を使えるほどのクォリティーも欲しいし!

そんな悩みを持っているあなたに10の助言

1 デジタル一眼レフを買おう!

これは投資です! コンパクトカメラを使っている人には必ず言います。
型落ちしてたら、カカクコムなどで、普通のカメラと変わらぬ値段で買えます!
うまく撮れない時、まずはカメラを疑うべきです。
とにかくコンパクトカメラから一眼レフに変えるだけで、光の入り方なども変わり、クォリティーが断然よくなります!

2 Photoshop Elementsを買おう!

立て続けに買えって言ってスイマセン。これも又投資です。
1万円前後で買えるソフトです。
コントラストや明るさをいじって、ある程度綺麗に切り抜けます!
WEBデザイナーの私から言わせると、 「綺麗な写真は撮れないけど、綺麗に加工できる!」 です!

3 雰囲気写真を撮ろう!

初心者さんは何かと、背景白や黒で撮影をしがちですが、わざと背景を作ってやるほうが楽しく伝えられる事が多いです。
実例です。背景有りとなしで雰囲気が変わることをお確かめください。

背景なし
img56569453
背景有り
img56569451
黒い背景はシャープな感じがありますが、淋しい気もします。
白い方は、レースやロゴがあり可愛らしい感じになりました。
背景なしにこだわらずに、わざと背景を付けて撮影するのが今風です。

服の場合はZOZO TOWNをお手本に!

4 自然光にこだわろう!

午前中の柔らかい日差しのある窓辺が一番の撮影スポットだと私は思っています。
撮影シーンと言えば、ライティング機材を思い浮かべがちですが、ホームページ制作をする上で、私が撮影するほとんどのものは、ライティング機材を使いません。
背景を白にしたい場合は、白い壁の前で撮影したりします。
夏の午後の直射日光は、撮影に向きません。 影が濃くなると、商品の色もこくなりあまりよくないです。
日陰で撮る工夫が大切です。
また、屋内で機材を使っても、同じことが言えます。
影が濃く出る直射は商品の色が綺麗に出ませんし、白い背景だと色が飛ぶこともあります。
まず、商品なら、午前中、窓辺に机をおいて(少しひかげくらいでOK)撮影してみてくださいね。

5 真似しよう!

同業者の素敵ページを覗いて、写真をどんな風に撮ってあるか?真似しましょう!
角度など、絶妙なバランスがあると思います!

6 撮影業者、白抜き業者に頼ろう!

実は商品撮影や白抜き業者は、今ネット上に安い金額で多々やってくれるところがあります。
(検索で「切り抜きJP」や「商品撮影」で 探してみよう!)
オススメ→1カット280円から!業界最安値の商品撮影サービス

うちでもランディングページ制作の商品に関しては、無料で撮影しています!
特に、貴金属や食品は、それなりの画像が必要です!
10商品くらいからでも良いので、プロにお願いした時の売上と、自分で撮影した時の売上の差を見てみましょう!

7 ダメな写真だと認めよう!認めたら撮りなおそう!

たぶん、この写真ダメだと気がついてるんじゃないかな?
なんて思える写真を未だにあります。
・全体的に黄色っぽい写真。
・暗い写真
・あきらかに色が違う写真
お客様は写真で選んでます!
5回以上はあきらめずに撮影にトライしてみてください。
ネットショップで上手くいってないところは、たいてい写真が悪いです。

8 モデルを使おう

結構ハイリスクだとお考えでしょうか?
しかし、友達にボランティアで頼む、又は2時間3千円くらいで頼むと、わりと引き受けてくれたりするものです。

やっぱりモデルが入ると写真は変わります。

9 お客様は自分が使用したイメージを求めている!

映画やドラマを見ていて、自分が主人公になったつもりになる。 それと同じ感じが脳裏に焼き付いた時、お客様はその商品が欲しくてたまらなくなります。
カタログ通販でもだいたい、モデルが来ている服から売れていくそうです。
そんなイメージ写真を取れるとGOODですね。

10 おまけ的ですが、iPhoneで撮影してみよう!

実はiPhoneのカメラの性能がとても良く、普通の写真なみに綺麗に撮れます。
これ一つで動画も行けるし、是非、うまく行かない人はお試しで使ってみてください!
(持ってない人はごめんなさい)

撮影は、回数を重ねて、編集しての繰り返しをしているうちに、いろいろ覚えました。
撮影してる時と、その写真を使うときって、案外イメージが違ったりします。
センス的な問題もありますが、いろいろ試して行きたいですね。

タイトルとURLをコピーしました