メールはもうしない。メールの時代は終わったのかも。

グーグル社員はメールをしない。という記事を読みました。

確かに弊社でも、もうメールを使ってお客様の相手をするのは、最初の時くらいで、お客様のほとんどがチャットワークを利用してくれています。

 

弊社でも、スタッフとは、ほとんど、キントーン上でやりとりをするのでメールは使いません。

過去に、グループで仕事をした時、連盟のメールが辛かったけど、今はそういうことも起こりません。

 

弊社とチャットワークを使ってもらうようになって、自社業務にチャットワークを入れられた会社もありました。

メールとチャットとの違いは、仕事が効率化するところです。

では、その効率化や今後の課題を少し書いて見ます。

 

メールは後回し、チャットはリアルタイム

すでに、仕事で、チャットを使っているところは少なくないと思います。

特にラインは便利ですよね。

けど、弊社ではあえてLINEは利用しないようにしています。

 

それは、既読、未読の問題と、休日中の業務に差し支えるからです。

 

だったらメールで良いという人もいるかもしれませんが、メールだと、なんとなく、フォーマットがあって、堅苦しい言い回しがあって、、、メール画面文字がずっと並んでしまいます。

けれど、チャットだと、簡素なもんです。

2,3行の内容で届きますし、見たらすぐに返すので、効率が良いです。

 

お客様のフォローとしては、かなりのスピード対応で会話が成立します。

 

内容を無くさない、共有できる

自社では、ほとんどのお客様がチャットワークを利用しています。

以前までは、メールを連盟でなんてやっていたから、内容がどこに書いてあるのかが、とてもわかりにくかったし、書いた、書かないの問題にもなったりしていました。

けれど、今だと、特にそういった問題はありません。

 

特に社内で分担作業をするときに、グループチャットにしていると、とても便利に使えています。

 

新規客もチャットはメリット

中国では、ずっと昔からチャット文化です。

ネットショップであっても、チャット画面がすぐそこにあって、値段交渉したり相談できたりするのです。

私たちだって、スマホを持って入れば、いつでも連絡が取れる時代になったので、これを利用しない手はないです。

 

チャットのメリット

自分の名前や連絡先を非公開で相談できる。

個人情報が守られる。

簡単に送れる

 

デメリット

キャンセルが入りやすい

顧客情報が集められない

時間に制限がない

 

仕事として、どちらをとるかはあなた次第ですが、仕事が趣味という方はぜひ活用してみてはいかがでしょうか?

 

 

弊社でも導入しようかな

チャットはワードプレスのホームページなら簡単に導入できます。

ですので、弊社でも新しくホームページができたら、チャットを入れて見ようと考えています。。。

どうなるんだろう(苦笑)

今後のホームページには即時対応できるチャットツールが必要です。

皆様も検討してみてはいかがでしょうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

株式会社MUDORA run party 代表兼デザイナー。 各種ネットショップを持ち、ネットショップの売り方の研究をしています。ネットショップ系の講師やコンサルとしても活動中。