私が楽天ショップを選んだ9つの理由

スポンサーリンク
スポンサーリンク

私が楽天を選んだ9つの理由

スポンサーリンク

楽天ショップに私が出店した理由は沢山あった。

ただ、私の経験から言うと、ここにネットショップをオープンする事が、成功の一番の近道であることがわかった。
何故『楽天だったのか?』 その理由をここに書いておきたいと思います。

1.楽天ショップというブランド力

YAHOOショップという選択肢があるじゃないか?と思われる方もいらっしゃいますが、
YAHOOと楽天ショップの明らかな違いは、『YAHOOといえばオークション』で『楽天といえば、ショッピングモール』という先入観の違い。ショッピングモールというブランド力は、どこの会社より強いのが楽天。
ようするに、楽天はショッピングモールという安心力が強いのです。

2.集客力

楽天はメルマガ戦略という、大いなる集客力があります。
ショッピングモール開始当初から、メルマガ戦略を駆使し、数々のユーザーを手元に集めています。そして、1ヶ月に何回もあるイベント企画!(ポイントアップ祭など)集客の入り口を各店舗に沢山与えています。
『人通りの多いところに、店を建てれば儲かる』というリアル店舗の法則がありますが、ネットショップもその効果は絶大!
ひとに見られれば見られるほど、商品は売れるのです。楽天の新規店舗に優遇するショップイベントも多数!
スタートダッシュができます。

3.広告効果

月に楽天ショップ利用料金が19,800円は高いと思われる方も多いでしょう。
しかし、YAHOOやgoogleの上部に来るサーチワード広告を楽天は毎月莫大な金額を積んで出しています。そのおかげで、私達のショップへの導線になっています。そして、楽天アフィリエイト効果もすごい!
ほとんどのお客様は当初、楽天アフィリエイトからの導線でいらっしゃいます。(楽天アフィリエイトは勝手に全商品対象)
19,800円の広告費と考えれば、この値段は高くない!
(サーチワード広告を出したらあっという間)楽天ショップは勝手に広告効果の仕組みを作れるネットショップなのです。(YAHOOもそうだと思います)
  

4.ポイントを使いまわしできる付加価値

楽天に登録しておけば、いろいろなところで手に入る楽天ポイント!
他のお店で買って、取得したポイントを、使いまわししながら、買い物をしてくれます。ポイントには有効期限があるので、もちろん、ポイント消化のためのお買い物・・・なども・・・。
ポイントを溜めれば使わなくてはならない!
この循環をうまく利用して、楽天ショップは売り上げ効果を期待することができます。(もちろんYAHOOも)

5.ページSEO対策に優れている

検索したら、楽天の商品ページにたどり着いたという経験はありませんか?
楽天は、個別商品ページSEOに優れています。

6.心理欲効果

楽天ショップの心理欲効果、販売作戦は優れています。
例えば、大きな写真を使う。1ページに理論づけされた縦に長いページ。
どの店でも見ることができる、楽天へのリンク(すぐに検索にいける)それらは、人の買いたい感情をくすぐるデザインです。シンプルなページほど、心理欲をくすぐらない。あえて言うなら、ゴチャゴチャしてると買いたくなる!
そういう心理欲効果にすぐれているのも楽天のポイントです。

7.販売実績

楽天の販売実績は、いろんなところで公開されています。
それは、『誰でもやればできる!』というアピールでもあります。
一日あたりの平均月間売り上げNO.1をたたき出しているのもうなづけるくらい。『ここでがんばれば、売れる!』感が大きい実績を持っているのは、やっぱり楽天が一番でしょう。

8.コミュニティー

レビューや、店長ブログ、商品売り上げランキングなどコミュニティー機能が複数有り、レビュー数で検索結果が決まってくるという楽天。ショップはこぞってレビューを集めています。
しかし、最近楽天レビュー商法と呼ばれることも多く(レビュー買いて半額など)コミュニティー機能があればあるだけ、問題もあるようです。
コミュニティー機能をうまく使って、繁盛しているショップのようにみせ、ショップ売り上げを狙えます。

9.モバイルショップ対応

近年激戦区とされているモバイルショップがかなり繁盛しています。
楽天モバイルにももちろん、広告効果有りで、初心者には楽に作れるよう工夫されています。
ただ、自動生成ではないので、最初は手間がかかるばかり。しかし、検索にはよくかかり、繁盛店も多いみたいです。

今年こそインターネットで販路拡大!楽天市場の出店資料請求はこちらから

タイトルとURLをコピーしました