売れる商品を作ってわかったこと(ネットショップ)

経営

2008年、私がネットショップを作ってもうだいぶ立ちました。

私はWEBデザイナーとして他人のホームページを作り、その中で、売れる商品をいくつか見てきました。

しかし、売れる商品を外側で見ていても気がつかない事がいくつかありました。その事を少しだけ書きます。

 

うちでは大まかに分けて2種類の売れる商品ができました。

一つは、子宝、安産用のパワーストーン。売れ出した頃から、今も売上は落ちていません。パワーストーンの需要自体は衰退していますが、うちの商品には一定の需要があるのだと今も考えています。

もう一つは、乳歯ケース。他社でも売っていますが、ランキングに入るほど毎日売れていて、今もその売上は伸び続けています。

 

売れる商品を作ってわかったこと

その1

デザインを買う人、安いものを買う人、二つの人種がはっきり別れている。

うちでは、

楽天最安桐箱丸型乳歯ケース

弊社オリジナルデザイン桐箱丸型乳歯ケース

を販売しています。

私はデザイナーなので、少し高くてもデザインで買いたいのですが、乳歯ケースとしての機能は一緒。

デザインを妥協して楽天最安乳歯ケースを買う人は、ほとんど子どもの名入れ(別料金)をしません。

弊社オリジナルデザイン(300円高い)を買う人は、子どもの名入れ(別料金)をします。

要するに、同じ機能でも売れるにはデザインがよければ高く売れる傾向があります。

 

で、デザインと値段、どちらが勝つの?

ですが・・・

 

個数で言えば、値段が安い方が勝ちます。

しかし、デザインは、付加価値分値段が高いので、結局売上値はそんなに変わらなかったりします。

 

 

売れる商品を作ってわかったこと

その2

やっぱり競合店が少ないほうが売れる!

うちは出産、安産、子宝専門です。

しかし

最初は普通のパワーストーン屋さんでした。

もちろん競合店はどんどん増えていきました。

しかし、競合相手が多いということは、それだけ需要が大きい商品でもあったりします。

 

競合店が多い、そんな中、一つでも売れる商品がある!

その場合、その商品に注目すべきです。

なんでこの商品は売れているんだろう?安いから?それだけ?

私の場合その理由を突き止め、「出産、安産、子宝専門店」に変更することになりました。

変えるには勇気も必要ですが、専門ショップに絞ることは最大の強みになると思います。

 

 

売れる商品を作ってわかったこと

その3

売れる商品が出来ると、売れない商品が出てくる!

2対8の法則みたいに、だいたいお店の8割の商品は主力商品にはなりません。

お店は、この売れない商品を放置しがちです。

しかし、損切りする必要があります。

在庫はお金です!

決算や確定申告時に資産計上されてしまいます。

勇気を持って処分してください。

それどころか、この8割の商品は、実はお客様にあまり見られていません!

「たまに売れる」は「ほとんど売れていない!」です。

常々、売れる商品を探し、売れない商品替えをしていないと、10年後はないと思います。

 

 

売れる商品を作ってわかったこと

その4

まだ、うちに借金はありません!

お金を会社として借りたことはありません。もちろん、クレジットカードはつかいますが・・・。

おかげで何も心配がなく、新しい事業計画を立てています。

スタッフ3人の個人事業主ですが、満足しています。会社を大きくする予定もまだありません。

売れるということは、やっぱり会社が安定することだと思います。そして、スタッフにちゃんと給料を与えることができて、自分も気持ち的に余裕があるということだと思います。

お客様が喜んでくれた時の喜びが、やっぱり嬉しいです。

お金の為に仕事をしている人が多い、そんな中、清々しい気持ちです。

売れるということは、こういう事じゃないかな〜と日々思います。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました