先生は不安がいっぱい

ひさびさにメガシャキを飲みました。

いつものぼやきです。

 

風邪を引きました。何かある手前にはだいたいこんな感じです。

大量の薬を病院でもらい、それもあってとっても眠い。

というか、20代からいつも眠い。びっくりするぐらい眠い。(人生の大半眠い)

一回、睡眠外来というところに行ってみたいです。

まくらもずいぶん変えて、結局、ニトリのとっても安いやつに落ち着いています。

(ドクターまくらとかいろいろ使った)

めがしゃきを20時頃飲んだわりに、何も出来てないのは何故でしょう?

明日の準備もまだ。

と、、、

書いたので、Dropboxに入ってるものを全部印刷で出します。。。

(ほとんどそれが準備)

 

日曜日にセミナーに使うスライドを、セミナーのエージェントの会社が修正してくれました。

自己紹介とか、全部書いて頂いたのですが、、、

なんだろう?この恥ずかしさは、、、

とりえず、自分ではこんな自己紹介絶対書かないので、掲載しときます(苦笑)

私が絶対自分で書かないこと。。。

自分で自分のこと、「代表」とは書かないのだよね。

きれいに書いて頂いてありがとうございます。

幼少のころからデザインに興味をもち、インテリア科でデザインと製図を専攻。

机やいすなど家具の制作を通して、「塗装」の奥深さに触れ、卒業後は、塗装工として塗装会社に就職。仕事と並行し、色から感じる心理や、色相環による補色、カラーコーディネートなど、「色」に関する様々な知識を専門学校で習得する。

結婚を機に2005年頃からWebデザイナーとして活動をスタート。2006年「MUDORA run party」設立、代表就任。上海の大手日系企業の専属Webデザイナーとしての実績を積み、乳歯ケース、ラッピングペーパー等のECショップの運営も行う。これらの経験と実績をもとに、現在は、 「心理学を活かした売れるネットショップデザイン」「デザインパッケージを考える」など、各種研修講師としても活動中。

今回縁があり、運良く、講師にしていただいたのですが、実はいつもより心配事があります。

それは、「先生」って事。

確かに、職業訓練校で講師をした時も「先生」ではあったのですが、ほとんど、私の活動事例をお話しさせてもらって、簡単なワークショップだったので、そこまででもありませんでした。

いつもする、セミナーはほとんど一方的に話してたりだし、、、

 

しかし、今回は一応先生なんですよね。

学校の先生を思い出してください。

先生って、、、生徒の顔をみて、何を考えているかを推測して、悩みを解いてあげる、、、みたいなところがあるじゃないですか。。。

空気読むってやつかな〜。それが私にちゃんとできるのか?が不安であったりします。

実は今回のセミナーが初心者向けなのに対して、生徒さんが素人じゃないっていう課題が、頭の中でぐるぐるしています。

エージェントの方が復習の気持ちで教えてあげてください。とは言ってくれたものの、途中で生徒さんが眠くなったり、足を小刻みに動かし始めたらどうしよう?なんて不安があります(苦笑)

 

セミナーでいつも失敗している事といえば、深く掘り起こして話ができない事。

これでも実績には自信を持っているので、その場に呼んでいただけた事を感謝して、明日(笑)しっかり考えます。

セミナー講師系の本もいろいろ読んだのですが(実は今日も病院で読んでた)

文章がイマイチで、、、これは読めないというのが大半。

というか、そういう本って結局、企業コンサル系のセミナーを開催する本なんですね。

何か良い本を知ってる方がいらっしゃったら教えて欲しいです。

 

何はともあれ、たぶん講師関係で勇気をもらえそうな人に明日は2名会って、元気をもらって臨みます。

保育園で先生したら一番になれる気はするのですが(笑)どうなるのか、楽しみです。

たぶん、反省でいっぱいでしょうけど、結果はまた次回。

 

ABOUTこの記事をかいた人

広島県福山市
株式会社MUDORA run party 代表兼デザイナー。
マーケティング系理論、仕組みを作るのが得意。

13年のWEB経験を元に成果が上がるWEBデザインネタを書いています。
Twitterなどのフォローお願いします!コメント必ず入れてください!