内側(店長側)から見るYAHOO ショップ無料化問題について

YAHOOショップが無料化を発表しました。

たぶん、楽天は良いとして、Qoo10の脅威を感じたのかも・・・と思います。

 

実は去年、YAHOOショップを出店していたMUDORAとしては、YAHOO無料化を聞いて

「以前にもまして(店長にとって)サービスが粗悪化される・・・」

と、がっくりしました。

YAHOOに出店する人は、たぶん楽天より早く退店したであろう人が多いと思います。

ですから、「YAHOOは売れない」って言う人が多い事・・・。

事の他、うちでも半年で打ち切り。さて、何故YAHOOは売れないと囁かれていたのでしょうか・・・。

 

YAHOOが売れないと囁かれている理由

クレジットカード決済導入審査が通らない

これは、最近改善され、全店クレジットカードが使えるようになったと聞きました。

オークションでは簡単決済などが使えるのに、何故、ショッピングでは使えなかったのかは不明です。

 

検索にかからない

検索サイトで検索すれば、商品は軒並み楽天商品がHIT、YAHOOの商品はGoogleには弱いんでしょうかね・・・。

 

コンサルタント!?担当からのサポートの対応が不評

出店してたとき、電話連絡とか全然無かった気がします。出店したら放置・・・ですね。

 

内部教育問題

YAHOOショップ出店時・・・そんな大した教育があったかな・・・とさえ思うほど無かった気がする。

楽天は、ショップ店長教育を行っています。

初期は無料でそういった教育などを受けることができ、初心者でも安心です。

楽天の管理画面内部ではかなり込み入ったQ&Aや構築説明があり、迷ってもサポートがすぐに対応してくれるようにできています。

 

ショップを盛り上げる為の秘策にかける

これはよく覚えてないので申し訳ないけど、YAHOO、毎月何も無かった気がする。

広告メールくらいしか届かなかった気がします。

楽天では、毎月、会誌を発行、売れる仕組みやショップ独自のこだわりなどを取材し、ショップを盛り上げる努力を怠りません。

楽天が売れてる一番の理由は、ここにあると思います。みんなで一緒が楽天、個人でやれば?がYAHOOみたいな・・・。

 

内部システムがガタガタ

私がやってる時、YAHOOショップとヤフオクは料金が別々でした(現在統合されたみたい)

それを統合のシステムにしたりするのが、期日までに出来なかったり、予告を何度も伸ばし伸ばしに変更してシステムを変更していた気がします。結局、なんだか振り回されてた感が大きかったです。

 

結局

ショップ店長は何を求めているかというと、やっぱり人と人との付き合いや安心感を求めていたりします。

うまく行かなかった時のサポートと言う事では、楽天が一番です。

YAHOOショップはお金はとらないかもしれないが、今までもお金を払うようなサービスは受けてなかった気がする。

ヤフオクの延長線状態のショップがあって、私たちは、それを楽天ショップと同じ料金で借りていたと考えると、非常に高い。(楽天は元々、オークションサービス込料金。サポートが充実)

 

今後、その店長サービスがもっと粗悪化します。

担当者は軒並み、営業しかしてこないでしょうしね。サポートも不満だらけになる事でしょう。

出店者はかなり増えるにしても、YAHOOショップの評価が高くなるかは不明です。

 

で、私はYAHOOショップ出すのか?ってとこですが・・・。

再度出すことを検討しています。

WEBの会社なので、内部システムを知っておくことはメリットしかないのと・・・

昔誰かが言ってました。

「無料なんだから使えばいいじゃん」

って・・・・。

もしかしたら、今度は違うもの売るかもしれないですけどね。

 

以上、店長側から見るYAHOOショップ無料化問題についてでした。

 

ABOUTこの記事をかいた人

広島県福山市
株式会社MUDORA run party 代表兼デザイナー。
マーケティング系理論、仕組みを作るのが得意。

13年のWEB経験を元に成果が上がるWEBデザインネタを書いています。
Twitterなどのフォローお願いします!コメント必ず入れてください!