ドラッカーのマネジメント

持っている本の中でもかなり好きなP.F.ドラッカーさんの『マネジメント 【エッセンシャル版】』

 

ドラッカーさんの本は何冊が持っていて、最初に手にした本が、実は『要約集』のようなものでした。

大きな会社の経営者の方に薦められて読んだのですが、文章の書き方が古く難いので、読むときはとても眠くなったことを覚えています。

本がよく読めそうな経営者の方にはお勧めする本ですが、本が読めない人には、意味不明な本でしかないでしょうね。

 

この翻訳者の翻訳が下手だという人もいます。はずかしながら私も最初はそう感じてしまいました。

だけど、この編訳者の上田さんの読ませ方は、とても賢く知的なものだと、何冊も読むうちに感じてしまいました。

こんな、すばらしい本があることに気がつけて私はラッキーでした。

それを実践するか否かではなく、基本知識ですよね。

 

昨日、本屋へ行くと・・・

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

というマンガ仕立ての本が出ていて、笑いました。

しかも、主人公『みなみ』?

うーん。なんか、いい本なのかもしれませんが、難しい方から入ってしまった、頭の固い私には・・・ちょっと・・・ですね。

でも、本を読めない人はこういうのから入るととてもいいのかもしれません。

 

ドラッカーさんの本は、結局は彼の哲学です。

全てが正しく、全てを鵜呑みにする必要はなく、そこから自分に当てはまるヒントを得られたら、それがすばらしいと言うのが私の考え方です。

読んだことない方には、是非お勧めしたい一冊です。

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社MUDORA run party 代表兼デザイナー。 各種ネットショップを持ち、ネットショップの売り方の研究をしています。ネットショップ系の講師やコンサルとしても活動中。