まちがったランディングページデザインで離脱率をあげてしまうわけ

ランディングページデザインの構成とデザイン知識を教えるデザイナー村上です。

 

流行りのランディングページの傾向を調べるために、ランディングページをよく見ているのですが、内容はOKなのに、離脱率を上げてしまうデザインを見かけることがよくあります。

もったいない。

本当にもったいない。

 

離脱率を上げているのは知識不足のデザイナー

WEBデザインという業界は、より素敵で、綺麗なデザインを求められます。

デザイナーは、内容や、構成よりも、まず見た目を綺麗にするのが仕事です。

 

そうするとどういうことになるかというと、、、

 

読むページが作れない!

という哀れな現象がおきます。

 

デザイナーは読めるかどうかより

デザインのバランスと配置が大切なのです。

 

↑しかしこれをやっていると、とてもデザイン的には陳腐なサイトができます。

そしてそれを見ると、知識不足なお客様がデザインが汚いと怒るでしょう。。。

ランディングページって、マーケティング的な知識も大切だけど、

デザイン的な知識も大切なんです。

 

ランディングページとは「すっ」と読めて、なるべく下まで行けることが大前提なんです。

だから、あんまり綺麗すぎるランディングページは実はあまり良くないのです。

 

もちろん、それはしっかりとしたデーターをとらなきゃわからないことです。

けどここで言いたいのは、

デザインにも心理的効果があることを忘れてはならない!

といいたいのです。

 

そんなこんなで、詳しく知りたい方は、

バージョンアップした、ランディングページの講座が5月に東京であるので

いらしゃってください^^

 

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社MUDORA run party 代表兼デザイナー。 各種ネットショップを持ち、ネットショップの売り方の研究をしています。ネットショップ系の講師やコンサルとしても活動中。