2017年のSEO対策といってもいいかな!っていうのが出ていた件

わりと人工知能を考えながら検索対策を施す、デザイナー村上です。

 

久々にこのブログの構成素敵だわ、、、と読んでいたブログの中の記事から検索対策で去年こんなの出てたんだーというのを見つけたので、多分みんなもう知ってるかもしれないけど投稿してみます。

私も何個か検索してみたんだけど、今すぐの検索対策としては完璧じゃないのかな?

もちろん、内容にもよるのかもしれないけど。

今は、まだまだこの対策はブログ主流なのだけど、今後飛躍してくるにちがいない。。。

そうなったら、困るのは私たちなんだけどね。

 

ということで、その対策の内容をお伝えしたいと思います。

 

その検索対策の名前はAMP(Accelerated Mobile Pages)

 

Accelerated Mobile Pages (アクセラレーションモバイルページ)=加速されたモバイルページ

略してAMP!

 

↑最近なんでも略されてるよね。けど私的には

加速モバイル対策ってほうがわかりやすいな。。。

ちょっとここではそんな名前で書いてみようと思います。

 

加速モバイル対策(AMP)とは

何年か前からGoogleが推し進めてきたプロジェクトらしく、加速モバイル対策(AMP)されたページがある場合、そこにユーザーをアクセスさせ、高速にページを表示し、かつデータの転送量を減らしことでユーザーがサクサク記事を読めて、気持ちいいですよ!というもの。

(なんかこれを読んでると、今後のレスポンシブサイトは意味を持たないものになっていきそうな気もするのだけど、、、、それはさて置き)

これは決して、検索対策のために作られたものではないとのことです。

ただね〜。私の見る限りでは、加速モバイル対策(AMP)されてるページの方が検索上位傾向だよ。

Googleと紐付いてるしね。

すでにツイッターやアメブロは加速モバイル対策(AMP)されてるらしいよ!

 

実際にスマホで検索してみたら

「SEO対策」での検索

一番上に加速モバイル対策してないバズ部のブログがあったものの、その下はAMPってしっかり記載されて出てました。

 

「クレジットカード」での検索

広告の下の一番最初の記事はやっぱりAMP

 

検索の結果、まだまだモバイル加速対策(AMP)をしてる絶対数が少ないから、あまり見つけられなかったけど、でもとりあえず、年内、まだみんなが手をつけてないうちは検索対策になりうるものだと私は思いました。

 

顧客のサイトを モバイル加速対策(AMP) 化するには

実はGoogleさんがその方法をここに公表しています。
顧客のサイトを AMP 化するための 8 つのヒント

 
けど、現在の方法で私たちに簡単にできるものは、すでにオープンソースなどで出回ってるプラグインを使って、記事的ページにこの対策を施してやるだけなんですよね。

 

ネットショップとしては、woocartがもう対応してると思われます(WordPressだから)

アメブロにも施してあるのだから、YAHOOもそのうちするんじゃないかな?楽天よりは早そうな予感。

 

徐々にこれが行われていくと、今はまだ検索対策(SEO)なんて言えるけど、来年、再来年にはわからないなって思います。

とにかく、今は、これができるならすべきだと思いますよー。

 

うちも、今一つのブログに入れてお試し中。

あんまり記事数あると、パーマリンクが変わっちゃうので、内部リンクは影響しないのか?が心配です。

とにかく、まだされてないかた、できる方は早めに対策してみてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社MUDORA run party 代表兼デザイナー。 各種ネットショップを持ち、ネットショップの売り方の研究をしています。ネットショップ系の講師やコンサルとしても活動中。