ネットショップのコンサルティングについて考えてみた。

昔、私が起業してまもない頃、会社の業績を上げるためのコンサルティングの人のセミナーに行った事があります。

実は、私自体は、そう云うセミナー参加って苦手で、しかも起業して間もなかった私にはかなり無縁とも言えるセミナーだと思っていたけど感じていましたが、仲の良いビジネスパートナーの誘いがあって広島市内へ行き受講してきました。

 

実は、先生の名前や顔などは、一切忘れてしまいました。

しかし、その先生が、無名からお金をしっかりもらえるまでのコンサルティングサービスを行うようになるまでの話しは覚えていて、成果を上げるまでお金をいただかなかった事やその当時も寝る時間がほとんど無かった事を覚えています。

まぁ、要するに、かなり自分の労力を使い、体を使い、努力して立派なコンサルタントになったな〜と言う感じの方でした。頭もいいんだろうけど、体を使ってたところが一番の評価ポイントだと思います。

 

足を使わないWEBコンサルティング

february-25-2010_l

現在WEBコンサルティングと言う人たちが、沢山いて、ネット間でのメールのやり取り、月1回で数万円って世界があります。なかなか予算や、売上が無ければ、頼めないような、信頼感のないサービスだな〜と感じると思います。

 

でも最終的にアクセス解析の数値ありきなんだよね〜

っていうのは本当。

しかし

その前もコンサル後もネットショップのデザインの改善が主なんだよね〜

という結論。

最初から、アクセス解析に目を向けていれば違うかも?とも思うし、もっとちゃんとしたデザインや考えで作ってもらえば良かったのに・・・と思うのは後の祭りです。

 

ただ、実際は、WEBコンサル入れたからって、何も出来ないのが人間。

有能なWEBクリエイターが社内とかに入ればいいけどね。

 

実際はこんな感じ

家が老朽して、リフォームを検討したけど、建築家に頼んだ→設計書が届いた→終わり

 

たぶんWEBのお客様が望んでるのはこんな感じ

リフォームを検討して建築家に頼んだ→家ができてた→終わり

 

なんか、印刷屋さんにチラシ頼んでデザイン料、無料的な感じだよね(汗)

コンサルティングをやってる方としては運転資金もいるし、なんだかんだでお金が必要。

しかも業種は多様。自分が経験したことも無い、知識もないような業種までやってくる。

それがWEBって奴です。

 

今後ネットショップコンサルティングが沢山増える予想

ネットショップの需要と共に、今後WEB制作が苦手だけど、ネットショップをかじったことがあるコンサルティングサービスが急増すると思う。

「あの大手会社でネットショップ店長を務めた!」とか言う人たちが沢山出てくると思う。

楽天のネットショップオーナーだって軒並み増えているのだから、当たり前だ。

そして、安いサービス料金を売りにした大手会社が自社ツールを持って、市場に乗り出してくると思う。

管理料金を引き落としにして、バンバン売り出しにかかると推測する。

 

で、結局、優良会社として最終的に生き残るのは、成果報酬型のネットショップコンサルティングじゃないかな〜って思う。お客様はそれが本望で、利益の上がった売上から差っ引かれる分には文句は言わないだろう。

私たちは、さんざん成果のないものにお金を出しては嘆いているのだから・・・そのうちそれが当たり前の世の中になってくる。

今のうちに、成果報酬型にして、実績を集めていれば、のちのち約には立つだろけどね、お金も必要だ。

どちらをとるかだよね。

 

実はうちの会社で成果報酬型のネットショップ管理をしているところがあります。

それはそれは大変でした。基本ページ以外のデザイン料を無料にしたのです。

全部自社撮影。時間もお金もかなりかかりました。

だって、売上があがったら上がった分だけ、うちの利益なのだから仕方ない。

実際、なかなかうまくは行かなくて今も試行錯誤中ですが・・・・。

それでも半永久的に利益があります。

さて、どちらが、コンサルティング会社としては良いのでしょうね??

 

ネットショップコンサルティングは今のところ現状把握ツール

たぶん入れて何かが爆発的に変わることはないと思う。

楽天コンサルと呼ばれる人が山ほどいるけど、うちのことを真剣に考えて、商品内容把握をしてくれた人はいままで一人もいない。

みんな「種類増やしたら?」とか「サイドバナー変えたら?」とか「広告だしてみたら?」

とか言うけど、うちの商品は普通の天然石ではない。「ニッチな天然石商品」だ。

売り方は普通とは異なる。ただ単に、他の一般的商品と同じでは売れないんだ。

だって、ニッチ商品には必ず、ニッチ商品を必要とする人がいるのだから・・・。

なんにせよ、コンサルティングと呼ばれる人たちが数字だけを相手するのなら、そこまで良い結果が生まれるわけはない。同じルールが全員適用されるのなら、そんな簡単な経営はない。

 

私は数字にめっぽう弱いから、こんな事しか書くことができないけど、何かの参考になればな〜と思います。

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社MUDORA run party 代表兼デザイナー。 各種ネットショップを持ち、ネットショップの売り方の研究をしています。ネットショップ系の講師やコンサルとしても活動中。